15の大学が特許をライセンスするコンソーシアムを結成

米国を代表する15の研究大学が、University Technology Licensing Program LLC(UTLP)を立ち上げました。UTLPは、加盟大学が保有する特許ポートフォリオの中から、効率的なライセンスができるものを厳選し、興味を持ったハイテク企業に対して活動をおこなっていくとのこと。

アメリカの大学では、特許を取得する動きが爆発的に増加し、技術移転事務所が拡大していますが、ほとんどの大学は特許で損失を出している。2013年のブルッキングス研究所の調査によると、84%の大学が、特許に関連する訴訟費用や技術移転事務所の人員をまかなうだけの収益を上げられていない。

実際に、特許ライセンス収入の大半を稼いでいるのはごく一部の大学で、その多くは医薬品やバイオテクノロジーの分野。大学の特許の95%は、まったくライセンスされていない状態です。

UTLPは、複数の特許を集めたバンドルでライセンスすることを想定していて、自律走行、IoT、ビッグデータの3つの分野でのライセンス事業から始めるとのこと。

今回のプログラムは、特許をイノベーションのツールではなく、武器として使用することであり、パテントトロールのやり方だと非難する声も多い。

 加盟している大学のリスト:

  • Brown University
  • California Institute of Technology (Caltech)
  • Columbia University
  • Cornell University
  • Harvard University
  • Northwestern University
  • Princeton University
  • State University of New York at Binghamton
  • University of California, Berkeley
  • University of California, Los Angeles 
  • University of Illinois
  • University of Michigan
  • University of Pennsylvania
  • University of Southern California
  • Yale University

参考文献:15 Universities Have Formed A Company That Looks A Lot Like A Patent Troll

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。