15の大学が特許をライセンスするコンソーシアムを結成

米国を代表する15の研究大学が、University Technology Licensing Program LLC(UTLP)を立ち上げました。UTLPは、加盟大学が保有する特許ポートフォリオの中から、効率的なライセンスができるものを厳選し、興味を持ったハイテク企業に対して活動をおこなっていくとのこと。

アメリカの大学では、特許を取得する動きが爆発的に増加し、技術移転事務所が拡大していますが、ほとんどの大学は特許で損失を出している。2013年のブルッキングス研究所の調査によると、84%の大学が、特許に関連する訴訟費用や技術移転事務所の人員をまかなうだけの収益を上げられていない。

実際に、特許ライセンス収入の大半を稼いでいるのはごく一部の大学で、その多くは医薬品やバイオテクノロジーの分野。大学の特許の95%は、まったくライセンスされていない状態です。

UTLPは、複数の特許を集めたバンドルでライセンスすることを想定していて、自律走行、IoT、ビッグデータの3つの分野でのライセンス事業から始めるとのこと。

今回のプログラムは、特許をイノベーションのツールではなく、武器として使用することであり、パテントトロールのやり方だと非難する声も多い。

 加盟している大学のリスト:

  • Brown University
  • California Institute of Technology (Caltech)
  • Columbia University
  • Cornell University
  • Harvard University
  • Northwestern University
  • Princeton University
  • State University of New York at Binghamton
  • University of California, Berkeley
  • University of California, Los Angeles 
  • University of Illinois
  • University of Michigan
  • University of Pennsylvania
  • University of Southern California
  • Yale University

参考文献:15 Universities Have Formed A Company That Looks A Lot Like A Patent Troll

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

money
訴訟
野口 剛史

裁判所がサイバーセキュリティ特許を20億ドルと評価

アメリカ訴訟においては損害賠償が高額になる可能性があります。今回のように20億ドルという破格の賠償金請求は稀ですが、それでも、アメリカにおける損害賠償の理解は知財関係者としては重要です。今回は、故意侵害、3倍賠償、ロイヤリティレート、ロイヤリティベースというキーワードを交えつつ、アメリカにおいて、実際の判例を参考にして、どのように損害賠償額が算出されるかを考察していきましょう。

Read More »
desk with laptop
企業機密
野口 剛史

リモートワークにおける企業秘密の保護

COVID-19の懸念に応えて、リモートワークが増えてきています。しかし、リモートワークによって、営業秘密の保護に関する新たな懸念が生まれています。では、現状でのリモートワークは仕方がないとして、このような環境の元でどのように企業秘密の保護を行っていったらよいのでしょうか?

Read More »