知財IR活動

今回、知財の意識と理解のギャップに関する記事を紹介しましたが、そこにビジネスチャンスがあると思い、大々的に自社の知財活動を投資家にアピールして会社の時価総額に貢献するという取り組みはどうでしょうか?

たまに企業のIR(Investor Relations)資料を見る機会があるのですが、大規模な特許ポートフォリオを持っている会社や積極的に他者に技術協力(business solutionなどの事業で自社技術を他者のブランド製品の一部として提供。例えば、スマホメーカーとカメラレンズ会社のコラボ製品や、音響メーカーとIoTメーカーのコラボ製品など)している会社でさえ、投資家向けの資料で大々的に知財の重要性や戦略を語っていません。

せっかく多くのリソースを割いて知財を構築し、しっかりとした戦略もあるのに、それを投資家に伝えないのはどうなのか?と思います。特に、知財が会社の資産の大半を占めるようなテクノロジー企業が、なぜ知財に関する成果と計画を投資家やステークホルダーに説明していないのか?個人的に疑問です。

でも、逆に考えれば、自社の知財をちゃんと投資家にアピールできるのであれば、注目され、それは新しい投資につながり、会社の時価総額向上に貢献できるのではないでしょうか?

「知財をどう投資家に見せるか」は会社によって違うと思いますが、今回のトピックを書くときに見つけた例をいくつか紹介して終わります。

KONICA MINOLTA Intellectual Property Repor

Sharp R&D and Intellectual Property

Manitowoc  (工業リフト) Intellectual Property

Acacia Research (Publicly Traded Non-Practicing Entity) INVESTOR RELATIONS

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Uncategorized
野口 剛史

初対面の人と会うときの最大の問題

私は人見知りなところがあって、正直何もバックグラウンドを知らない人に会うのは気が引けます。特に問題なのが相性。せっかくお互いに時間を割いて会うのに、お互いに「合わない」とその時間が苦痛なものになってしまいます。そんな問題を軽減するかもしれないツールを見つけたので簡単に紹介します。

Read More »
speech-presentation
再審査
野口 剛史

先行例として成り立つための公共アクセシビリティの問題

一般からのアクセスがどれくらい容易だったか?動画とプレゼンテーションが先行例として成立するかが焦点になりました。印刷物として先行例となるためには、カンファレンスで配布された時点で十分に散布されていたかという分析が必要になります。CAFC は今回の案件をPTABへ差し戻ししました。

Read More »