知財IR活動

今回、知財の意識と理解のギャップに関する記事を紹介しましたが、そこにビジネスチャンスがあると思い、大々的に自社の知財活動を投資家にアピールして会社の時価総額に貢献するという取り組みはどうでしょうか?

たまに企業のIR(Investor Relations)資料を見る機会があるのですが、大規模な特許ポートフォリオを持っている会社や積極的に他者に技術協力(business solutionなどの事業で自社技術を他者のブランド製品の一部として提供。例えば、スマホメーカーとカメラレンズ会社のコラボ製品や、音響メーカーとIoTメーカーのコラボ製品など)している会社でさえ、投資家向けの資料で大々的に知財の重要性や戦略を語っていません。

せっかく多くのリソースを割いて知財を構築し、しっかりとした戦略もあるのに、それを投資家に伝えないのはどうなのか?と思います。特に、知財が会社の資産の大半を占めるようなテクノロジー企業が、なぜ知財に関する成果と計画を投資家やステークホルダーに説明していないのか?個人的に疑問です。

でも、逆に考えれば、自社の知財をちゃんと投資家にアピールできるのであれば、注目され、それは新しい投資につながり、会社の時価総額向上に貢献できるのではないでしょうか?

「知財をどう投資家に見せるか」は会社によって違うと思いますが、今回のトピックを書くときに見つけた例をいくつか紹介して終わります。

KONICA MINOLTA Intellectual Property Repor

Sharp R&D and Intellectual Property

Manitowoc  (工業リフト) Intellectual Property

Acacia Research (Publicly Traded Non-Practicing Entity) INVESTOR RELATIONS

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

binders-filings-data-record
再審査
野口 剛史

2018年11月のIPRとCBM の統計データ

11月PTABは50 件のIPRとCBMの最終判決を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内540 クレーム(66.83%)を取り消し、263 クレーム(32.55%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い5クレーム(0.62%)が生き残りました。

Read More »
time-delay-clock
再審査
野口 剛史

IPR申し立てのタイミング

訴訟が行われている場合、訴状が送られてから1年以内にIPRの申し立てを行う必要があります。35 U.S.C. § 315(b)。しかし、訴訟の進み具合によっては、その1年の期限内に申し立てを行っても、IPRが却下されてしまうことがあります。

Read More »
Featured image showcasing a collage of various iconic sports logos with a focus on the Jordan Jumpman logo by Nike, surrounded by other subtle sports logos, representing the diversity and competitiveness of the sports industry, designed for a blog post about sports brand identity and intellectual property rights.
商標
野口 剛史

Nikeに学ぶ商標の権利行使とブランド力の維持

何千ものスポーツロゴの中で、ナイキのジョーダン・ジャンプマン・ロゴほど瞬時に認識でき、象徴的なロゴはほとんどありません。バスケットボールの伝説的選手、マイケル・ジョーダンが宙を舞うこの力強いシンボルマークは、卓越した運動能力、そしてゲームの精神の代名詞となっています。ナイキは、自社のブランド資産を侵害しようとするいかなる企業に対しても行動を起こす用意があり、最近の係争では、ナイキの象徴的なシンボルから連想されるバスケットボールコートとはかけ離れた、スキーヤーのアクションを描いたスキマンのロゴが争点となっています。

Read More »