スマホビジネスから自律走行車ビジネスへのシフト

先日「自律走行車に関する特許トレンドと今後の予想」という記事を紹介しましたが、その記事に関わるビジネスアイデアです。

スマホビジネスが成熟期を迎える反面、自律走行車ビジネスはまだまだ成長が期待できる市場です。技術の細かな点では違いがある2つの分野ですが、数多くの部品から成り立っている点、ソフトとハードのインタラクションという点や、多彩なセンサーから得られる情報の分析が必要な点など共通する部分は多くあります。

ということは、スマホビジネスで知財を扱ってきた人たちにとって、自律走行車ビジネスへシフトすることは意外に簡単なのかもしれません。今後収束が予想されるスマホ事業よりも、そこで得た経験を活かして自律走行車関連の知財業務をこなしていくのはどうでしょうか?

技術分野は違えども成長サイクルという点から見れば、自律走行車ビジネスも今後はスマホビジネスが通ってきた道のりを進むことが予想されます。個別案件は違えども、知財戦略や業務内容には応用できる部分もあるかもしれないので、自分の可能性を一度考えてみてはいかがでしょうか?

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

PTOがガイドラインを発行: 出願人が認めた先行技術はIPRの基礎にはならない

明細書内の背景の説明などで出願人が特定の事柄を先行技術として認めることがあります。今回のガイドラインでそれ自体はIPRにおける特許のチャレンジのベースにはならないことは明確になったのですが、自明性の主張の際に、出願人が認めた先行技術が特許権者に不利な形で活用される場合があるので、出願時に先行技術についての説明は必要最低限にとどめるべきでしょう。

Read More »
stop-estoppel
再審査
野口 剛史

IPRは一発勝負

Alcatel-Lucent USA Inc. v. Oyster Optics, LLCにおいて、 PTAB は、35 USC § 314(a)による裁量権を考慮し、 IPR 手続きを却下しました。その理由として、 (1) 申立人は同じような理由の IPR 申し立てを以前行っていた、(2) 2回目の申し立ての提出までの遅れの説明ができていなかった、 (3) 2回目の申し立てに含まれていた先行例の存在を1回目に申し立ての際に知っていたという3点を示しました。

Read More »