スマホビジネスから自律走行車ビジネスへのシフト

先日「自律走行車に関する特許トレンドと今後の予想」という記事を紹介しましたが、その記事に関わるビジネスアイデアです。

スマホビジネスが成熟期を迎える反面、自律走行車ビジネスはまだまだ成長が期待できる市場です。技術の細かな点では違いがある2つの分野ですが、数多くの部品から成り立っている点、ソフトとハードのインタラクションという点や、多彩なセンサーから得られる情報の分析が必要な点など共通する部分は多くあります。

ということは、スマホビジネスで知財を扱ってきた人たちにとって、自律走行車ビジネスへシフトすることは意外に簡単なのかもしれません。今後収束が予想されるスマホ事業よりも、そこで得た経験を活かして自律走行車関連の知財業務をこなしていくのはどうでしょうか?

技術分野は違えども成長サイクルという点から見れば、自律走行車ビジネスも今後はスマホビジネスが通ってきた道のりを進むことが予想されます。個別案件は違えども、知財戦略や業務内容には応用できる部分もあるかもしれないので、自分の可能性を一度考えてみてはいかがでしょうか?

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

継続中の地方裁判がIPR実施判断に与える6つのポイント

特許審判不服審査会(PTAB)は、Apple Inc. v. Fintiv, Inc. IPR 2020-00019, Paper 11(2020年3月20日)を判例として指定しました。この判決は、PTABが35 U.S.C.第314条(a)に基づき、IPRと平行して継続している地方裁判がIPR開始判断に影響を与える6つのポイントを説明し、PTABが当事者間審査(IPR)の実施を拒否する裁量を行使するかについて言及しています。

Read More »
import
訴訟
野口 剛史

ITCが輸入後の方法クレームの侵害に基づく違反を認定

今回のITCによる意見では、第337条の違反は、関連する物品の輸入後に発生した方法クレームの侵害についても適用されるというができることを再確認できました。この判例からITCを活用するか否かを判断するときに侵害のタイミングはあまり気にしないでいいということが言えるでしょう。

Read More »
Uncategorized
野口 剛史

特許出願からのサービス展開

今回は、日本の知財関係業務の大部分を占める特許出願の業務からどのようにサービスを拡大していけるかを考えてみます。特許出願総数が減少為ていく中、多くの特許事務所の課題が脱出願業務依存だと思うので自分なりに展開して行きやすい事業内容を考えてみました。

Read More »