米国最高裁は他の国で起きた利益損失の賠償を認めるのか?

2018年4月16日、WesternGeco LLC v. Ion Geophysical Corp.において、アメリカ最高裁が口頭弁論を行う予定です。この案件では、アメリカにおける侵害が原因で他の国で起きた利益損失の賠償が得られるかが争われています。最高裁は、CAFCが$93 millionにもおよぶ利益損失を認めなかったことが正しかったのかを再審議します。

Finnegan partner Jacob Schroederによると、最高裁は1952 Patent Actから特許侵害による賠償金に関して何も言及していないとのことです。なので、この案件を最高裁が審議すること自体が大きな注目を集めています。この他国で起きた利益損失の賠償は、特許権者への救済という点では大切なのですが、治他国で起きた利益損失の賠償を認めると外法権の問題が出てきます。もし最高裁が他国で起きた利益損失の賠償を認めれば、アメリカの特許権の価値は高まり、より特許権者はアメリカの特許権に頼るようになるでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Jacob A. Schroeder. Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP

https://www.finnegan.com/en/firm/news/high-court-could-open-door-to-worldwide-patent-damages.html

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

arrows-go-up
再審査
野口 剛史

IPR/PGR情報:クレーム補正が認められやすくなってきた

通常、 PTAB における IPR や PGR の手続きにおいて、クレーム補正をするのは困難でした。しかし、最近の統計データから、今年の2月ごろから、 PTAB におけるクレーム補正が認められやすくなったことがわかりました。 まだ、明確な変化を断言できるだけの時間は経っていませんが、特許権者としては、IPR/PGRにおけるクレーム補正を戦略を立てる際に考慮するべきです。

Read More »
computer-code
特許出願
野口 剛史

特許庁の出願システムに不具合発生

追記:22日現在、システムが復旧しました。現地時間2018年8月15日の朝からアメリカ特許庁の特許出願システムの一部データベースに不具合が生じ、オンラインでの出願ができなくなっています。

Read More »