米国最高裁は他の国で起きた利益損失の賠償を認めるのか?

2018年4月16日、WesternGeco LLC v. Ion Geophysical Corp.において、アメリカ最高裁が口頭弁論を行う予定です。この案件では、アメリカにおける侵害が原因で他の国で起きた利益損失の賠償が得られるかが争われています。最高裁は、CAFCが$93 millionにもおよぶ利益損失を認めなかったことが正しかったのかを再審議します。

Finnegan partner Jacob Schroederによると、最高裁は1952 Patent Actから特許侵害による賠償金に関して何も言及していないとのことです。なので、この案件を最高裁が審議すること自体が大きな注目を集めています。この他国で起きた利益損失の賠償は、特許権者への救済という点では大切なのですが、治他国で起きた利益損失の賠償を認めると外法権の問題が出てきます。もし最高裁が他国で起きた利益損失の賠償を認めれば、アメリカの特許権の価値は高まり、より特許権者はアメリカの特許権に頼るようになるでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Jacob A. Schroeder. Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP

https://www.finnegan.com/en/firm/news/high-court-could-open-door-to-worldwide-patent-damages.html

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

folders-manual
再審査
野口 剛史

IPRにおけるクレーム補正改正案

以前お伝えしたIPRにおける大規模なクレーム補正改正ですが、具体的な案がUSPTOから発表されました。これから公からのコメント期間を得て、ルール化される予定です。

Read More »
Contract-signing
契約
野口 剛史

機密情報を守るために今からできるNDAをより効果的に活用するための4つのステップ

企業は、買収者、コンサルタント、その他の第三者と交渉時に共有する機密情報を保護するために、機密保持契約(NDA)を日常的に使用しています。しかし、企業は単にNDAに頼って情報を保護することはできません。企業は、情報を「機密」と指定するためのNDA上の手続きを理解し(遵守を徹底し)、NDAと州の営業秘密法に関わる守秘義務を把握しなければなりません。

Read More »