computer desk and calendar

OLC 提供サービス

アメリカ知財
ウェビナー

家や職場からインターネットを経由して参加できるオンラインセミナーです。当日参加できなくても登録しておくと、録画版を見れるリンクを後日メールで受け取ることができます。​

専門家による本格的な講義が無料で聞ける

毎回、特許を中心としたトピックで、アメリカ特許弁護士やパテントエージェントを招いて、約1時間半(講義1時間、Q&A30分)のセミナーを開いています。登録・参加は無料。英語のプレゼンの後、日本語の通訳があるので、英語が苦手な人も気軽に参加してみてください。また、過去のウェビナーは日本語の解説付きで公開しているので、いつでも視聴可能です。

  • 登録・参加無料(毎回登録が必要です)
  • ライブウェビナー参加者は講師に質問も可能
  • 英語の講義の場合、日本語通訳付き
  • 後日、解説付きで公開

過去のウェビナー動画とまとめページ

SEP webinar cover

STANDARD ESSENTIAL PATENTS IN THE UNITED STATES

規格必須特許(Standard Essential Patent(SEP))は特許においても特殊な位置づけです。
業界で共通の規格を用いるためには、その規格に関わる特許もライセンスする必要があります。しかし、通常の特許ライセンスとは異なり、FRAND(「公平(Fair)、合理的(Reasonable)かつ非差別的(Non-Discriminatory)」条件のもと、ライセンスする必要があります。今回は、アメリカのSEPに注目して、ライセンス交渉から、訴訟までわかりやすく解説していきます。

詳しく読む>>

Frustration free Email communication(日本語)

知財関連の仕事は国際的で、英語でのやり取りは避けられませんが、メールの返信に愕然としたことはありませんか?聞いたことに答えていない、相手が本当に理解しているのかどうかわからない、質問が質問で返ってくる、返信がない、自分を飛び越して次のステップに入ってる、などなど。。。このようなことは自分が送ったメールから発生している事象かもしれません。自分のメールの意図をしっかり押さえたうえで、ちょっとメールの構成を変えてみる、言葉使いを変えてみる、質問の仕方を変えてみる、などのスキルを学んでみましょう。

詳しく読む>>

ブランド力を高める知財​

ブランド力を高めるために、知財を有効活用していますか?どのような種類の知的財産をどう使うのか?アメリカの知財を中心に、知財の種類や性格、特性を学んで、会社の事業にあった適切な知財活用を進めていきましょう。

詳しく読む>>

ライブウェビナー登録

9月22日開催
 STANDARD ESSENTIAL PATENTS IN THE UNITED STATES​

詳細は、登録ページで確認できます。
定員に限りが有りますので、登録はお早めに。
1分で登録完了