VRを使った交渉トレーニング

先週に続き教育・トレーニングに関するアイデアです。最近注目を集めているVRを使えば現実世界では体験できないことでも体験できるのでそれを使ってJDAの交渉などの疑似体験をしてみたらどうだろう?

バーチャルリアリティ用のヘッドゼットはHTC、Oculus、Sony、Microsoftなどから発売されていて当初はゲームへの応用が考えられていましたが、業務向けのトレーニングへの活用が期待されています。実際にWalmartやVerizonなどもVRによる疑似体験で様々なトレーニングをおこなっています。

現状では現場における安全訓練やテロ対策、重機の扱いなどのトレーニングですが、この技術が進んでいきAIと融合させれば、今まで以上の疑似体験が可能になってくると思います。

知財で言うと、交渉のスキルを向上させるためにVRとAIを使った疑似交渉相手とのJDAやライセンス交渉と言ったことができるのではないでしょうか?交渉はやればやるほどスキルが付きますが、経験がないとうまくいかないものです。しかし、かといって、実際の業務で交渉する機会は限られています。

特に、日本人の場合、英語での交渉に難色を示す場合があるので、VRで疑似体験をして英語での交渉に慣れておくということも今後は十分可能な時代になってくると思います。

社内で交渉を担当している人がいると思いますが、その人が退社してしまたら、その人の交渉スキルが会社から失われてしまいます。そうなるまえにその人のスキルを具現化してVRやAIを使った教育システムに組み込むことができたら、特定の人への依存がなくなることで人材リスクも減り、知識や経験の共有が容易に行えることになります。

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

過去の販売の非開示が隠蔽とみなされ特許が無効に

Total Rebuild, Inc. v. PHC Fluid Power, LLC, において、地裁は不正行為(inequitable conduct)のため特許を無効にしました。発明者が出願時に特許庁に過去の販売に関する情報を提供していなかったことと、訴訟における不適切な対応から意図的に情報を隠蔽したと結論づけられました。

Read More »
money
訴訟
野口 剛史

第三者による訴訟費用提供を制限する訴訟援助理論

第三者による訴訟費用提供が増えてきています。知財の場合、NPEが特許訴訟を起こすときに資金調達をすることがあります。しかし、州によってはこのような訴訟援助を禁止する理論を認識しているので、NPEから特許訴訟を起こされた場合、資金源を調べることも大切になってきます。

Read More »