USPTOが不正な商標登録者を制裁する新たな手続きを提案

アメリカにおける不正な商標出願への取締はだんだん厳しくなってきています。担当した弁護士への制裁だけでなく、出願人・権利者にも影響がある問題です。場合によると、不正な登録および/または申請の終了、提出書類の取り消し、権利者・出願人がUSPTOに商標出願する資格の剥奪、当事者のuspto.govアカウントの停止などの制裁を受ける可能性があるので、不正出願と見なされるような行為を行わないように気をつけましょう。

eコマースの発展と商標による優位性

アマゾン、アリババ、ウォルマートなどの電子商取引やオンライン販売者のプラットフォームの利用により、販売者による商標登録出願がかつてないほど増加しました。これらのオンラインプラットフォームでは登録商標を持つことで、他のオンライン販売者にはない優先順位と特典がビジネスに与えられます。

例えば、Amazonブランドレジストリに登録されると、貴重な分析ツール、コンテンツ管理ソフトウェア、および侵害出品に対する報告書提出の優先権が与えられます。したがって、登録されたビジネスは、ブランドレジストリに登録されていないビジネスに対して競争優位性を獲得することができます。

商標のニーズの高まりと「偽装」商標の発生

商標の価値は、通常、その商標が表す商品やサービスの出所や信頼性によって決まりますが、Amazonやその他の電子商取引プラットフォームの普及により、一部の商標はブランド登録を取得するための便宜的なものに成り下がっています。これは、企業がブランド登録の取得を目的として、無意味で不正な商標を出願したり、同じように商標を希望する他社に販売したりしているためです。言い換えれば、これらの偽装商標は、自社で商業的に使用する真の意図を持たずに出願しているのです。これらの商標の多くは、既知の言語では意味を持たず、登録に使用される標本も捏造や不正なものが多い。

そのため、過去5年間に大量の偽造商標が出願された結果、USPTOの出願審査プロセスに大きなボトルネックが生じました。この状況は、COVID-19の大流行時に悪化し、より多くの企業が利益を維持するために商品やサービスを販売するためにオンラインプラットフォームに軸足を移すようになりました。

不正出願に対する新たな制裁提案

前例のない数の不正な出願に対応するため、USPTOは新しい通知を発表し、USPTOが不正な出願を特定するための手続きを定めました。この手順が実施されれば、USPTOは出願人だけでなく、弁護士も調査し、制裁を加えることができるようになります。USPTOが提案する制裁は、主に4つのタイプに分けられます:

  • 不正な登録および/または申請の終了
  • 提出書類の取り消し
  • 商標所有者および出願人がUSPTOに商標出願する資格の剥奪
  • 当事者のuspto.govアカウントの停止

これは、USPTOによる正しい方向への大きな一歩です。以前は、USPTOにはU.S. Counsel Ruleしかなく、外国の出願人は米国の商標弁護士を雇って商標出願を行うことが義務付けられていました。

関連記事:特許庁が外国からの商標出願にアメリカ弁護士の代理人を義務づける

この規則により、外国の不誠実な出願人がその資格を利用して何千もの不適切な商標出願を行うことにより、USPTOの職業行動規則に違反した弁護士をUSPTOが制裁することができるようになりました。弁護士が不適切な出願をすることを抑止する効果はありましたが、それでも、無意味な商標を出願する方法を見つける悪質な業者によって回避されるのが現状です。

関連記事:効率化のやりすぎは問題?商標出願の件数が多すぎてUSPTOに業務停止処分を言い渡される

このため、弁護士も出願人も、この分野における不審な行動やごまかしに目を光らせる必要があります。そのため商標弁護士を選ぶ際は、USPTOの懲戒処分のページで弁護士の身元を事前に検索し、その弁護士が非倫理的または違法な行為でUSPTOから懲戒処分を受けていないことを確認するのが望ましいでしょう。

参考文献:USPTO Proposes New Procedures to Sanction Fraudulent Trademark Filers

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。