Twitterを利用した続けられる情報配信

これからは「個」の時代ということで、個人レベルで情報発信していく大切さはここでも頻繁に話してきましたが、定期的に情報配信していくのは大変です。そこで今回は誰でもすぐにできるtwitterを利用した独自の情報配信方法を紹介します。

やり方は簡単で、Twitterの知財系Botがツイートしている知財系ニュースに自分なりの見解を加えてリツイートするだけです。ネタは毎日コンスタントにBotが提供為てくれるので、その情報を取り込み、自分なりの見解を1、2行でまとめ、リツイートすれば、それだけで自分の独自情報配信チャンネルができあがります。

私個人、知財関連の情報はブログやニュースレターなどの比較的「古い」メディアを使って情報発信する価値はあると思っていますが、自分でネタを集めて、勉強して、まとめて、公開する必要がありとても手間がかかります。魅力的なタイトルを考えるのも大変だし、ある程度まとまった文章を書く必要があるので、得に最初の方は苦労します。

でも、Twitterを有効活用すれば、そんな手間暇かけずに、スマホだけで5分10分程度で情報を取り込む作業から自分独自の情報配信までおこなうことができます。更に、Twitterはブログやニュースレターよりもインタラクティブなので、「古い」メディアチャンネルよりも早い成長が期待できます。

Twitterの短文であることとインタラクティブをうまく利用して、効率的にオオウンドメディアを築いていくのはどうでしょうか?

野口剛史

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟
野口 剛史

リモートワークの常時導入が特許侵害訴訟の裁判地に与える影響について

COVID-19の大流行は、リモートワークがアメリカ全土で広まりましたが、一時的な対策としてだけでなく、リモートワークを常時導入する会社も増えてきています。しかし、常時リモートワークになった場合、特許侵害訴訟の管轄や裁判地に影響を与える可能性があるので、注意が必要です。

Read More »
contract-signing
契約
野口 剛史

NDAを甘く見てはいけない

秘密保持契約(NDA)は頻繁に結ぶ契約書ですが、注意していないと自社で取得した特許がNDAで情報を開示した相手側の所有物になってしまう可能性があります。共同開発をする場合、NDAだけでは不足で、本格的な協力関係に入る前に共同開発契約(JDA)を結び、新しい発明の所有権を明確にしておくことが大切です。そうでないと今回の判例のように悲惨なことになりかねません。

Read More »
特許出願
野口 剛史

指数から導き出す知財活動

みなさんの会社ではどのように知財活動を評価していますか?発明提案数や出願数、国際出願率などの数値をベースに評価しているところが多いと思いますが、今回はビジネスに直結した指数から導き出す知財活動を紹介します。

Read More »