Twitterを利用した続けられる情報配信

これからは「個」の時代ということで、個人レベルで情報発信していく大切さはここでも頻繁に話してきましたが、定期的に情報配信していくのは大変です。そこで今回は誰でもすぐにできるtwitterを利用した独自の情報配信方法を紹介します。

やり方は簡単で、Twitterの知財系Botがツイートしている知財系ニュースに自分なりの見解を加えてリツイートするだけです。ネタは毎日コンスタントにBotが提供為てくれるので、その情報を取り込み、自分なりの見解を1、2行でまとめ、リツイートすれば、それだけで自分の独自情報配信チャンネルができあがります。

私個人、知財関連の情報はブログやニュースレターなどの比較的「古い」メディアを使って情報発信する価値はあると思っていますが、自分でネタを集めて、勉強して、まとめて、公開する必要がありとても手間がかかります。魅力的なタイトルを考えるのも大変だし、ある程度まとまった文章を書く必要があるので、得に最初の方は苦労します。

でも、Twitterを有効活用すれば、そんな手間暇かけずに、スマホだけで5分10分程度で情報を取り込む作業から自分独自の情報配信までおこなうことができます。更に、Twitterはブログやニュースレターよりもインタラクティブなので、「古い」メディアチャンネルよりも早い成長が期待できます。

Twitterの短文であることとインタラクティブをうまく利用して、効率的にオオウンドメディアを築いていくのはどうでしょうか?

野口剛史

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

analysis-data-statistics
再審査
野口 剛史

2018年8月のIPRとCBM の統計データ

8月PTABは39件のIPRとCBMのFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内424 クレーム(75.58%)を取り消し、131クレーム(23.35%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い6クレーム(1.07%)が生き残りました。いままでの争われたクレームの累計取り消し確立は、約75%です。

Read More »
speech-presentation
再審査
野口 剛史

裁判官直伝の実務アドバイス(書類作成編)

日本の知財訴訟担当者が実際にアメリカの IPR で提出するBriefやMotionを書くことはありませんが、アメリカの弁護士が作成した書類をレビューすることは多々あると思います。そのようなときに自社に対して有利に進むよう、実際に PTAB において判決を下す行政判事の立場になってレビューし、現地の担当弁護士にフィードバックをすることが大切になってきます。

Read More »