3倍賠償の実例:Genes Industry Inc v. Custom Blinds and Components Inc.

2018年2月、 the District Court for Central District of California の Judge Andrew Guilford が、陪審員が出した賠償金額$1 Million に3倍賠償を適用し、被告 Custom Blinds and Components Inc. (“CBC”)に対して$3 Million の支払いを命令。更に、Judge Guilford は、 弁護士費用$400,000 と判決前の金利$166,299 を CBC に追加請求。3年に及ぶ地裁にお ける特許訴訟が終わりました。

この訴訟は、Genes Industry Inc. (“Genes”) が CBC を特許侵害で訴えたことで始まりま した。特許は、cord tilter という窓のブラインダーの部品に関わるもので、CBC による 侵害品の販売の売上は、$13 million で、利益は$2.6 million でした。

陪審員は、証拠から被告 CBC は特許制度を軽視していたことが明らかになったため、 CBC の侵害は故意であると断定。地裁は、特許権者 Genes が要求していた故意侵害によ る3倍賠償を認め、陪審員が出した賠償金額$1 Million を3倍の$3 Million にしました。 また、Genes の要求していた$750,000 全額ではありませんが、その一部$400,000 のGenes が使った弁護士費用の支払いを被告 CBC に命令。CBC は、この判決を不服に思 い、CAFC に上訴しています。

コメント:

3倍賠償や弁護士費用の肩代わりは、ケース・バイ・ケースの事実に元付いた判断にな ります。しかし、このような故意侵害が認定されたケースを勉強することによって、ど のような証拠が3倍賠償に有効なのかを知ることができます。例えば、PACER などを使 えば、公開されている訴訟手続きが見れるので、実際の証拠や申し立て、判決などを見 てみると参考になると思います。Genes Industry, Inc. v. Custom Blinds and Components, Inc., UNITED STATES DISTRICT COURT CENTRAL DISTRICT OF CALIFORNIA (Southern Division – Santa Ana)

CIVIL DOCKET FOR CASE #: 8:15-cv-00476-AG-E

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Paul Stewart and Ari Feinstein. Knobbe Martens https://www.knobbe.com/news/2018/03/jury%E2%80%99s-award-patent-infringement- increased-3-million-infringing-window-blinds

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

USPTOで最も困難な審査官ランキング(2021年版)

USPTOのデータを用いて審査官の統計的情報を得られるサイトやサービスはたくさんあります。今回は、そのようなデータから一番権利化が難しい審査官ランキングをしている記事を見つけたので紹介します。アメリカの審査は、審査官による幅が大きいので、担当審査官の統計的データや個別案件の権利化にも役に立つ情報だと思われます。

Read More »
track-start-line
特許出願
野口 剛史

生命科学の発明を特許出願する前に公開してもいいのか?

生命科学の分野では特に、なるべく早く発明を発表し、発見を公開する傾向があります。しかし、学術的に一番いい方法が必ずしもビジネスにおいて最適だとは限りません。ほとんどの国では、特許出願の前に発明を公開してしまうと、特許が取得できなくなってしまいます。つまり、アカデミアの意識のままの発明者がいると、雇っている会社にとって大きな打撃になってしまう可能性がります。

Read More »