商標出願時のEmailアドレスのルールが一部変更

USPTOが商標出願において社内Email登録の義務化を行うというニュースを先月お伝えしましたが、このルールに一部の緩和が行われます。

2020年2月15日からスタートした社内Emailの登録義務化に対しては大きな反発があり、プライバシーやスパム、その他の問題が様々な組織から指摘されたこともあり、特許庁はルールの一部緩和を行います。

具体的には、出願人と登録人は出願時の記入項目である“Owner”という欄に希望するメールアドレスを提供するだけで大丈夫になりました。緩和が行われる前までは、会社で管理されている社内メールの提示が義務づけられていましたが、その制限がなくなりました。但し、代理人弁護士のメインのメールアドレスと同一にすることはできません。

また、出願人と登録人は依然として特許庁に商標関連の書類を提出する際に情報を更新する義務があります。

注意点:

以前の記事でも書きましたが、Owner欄に書かれるメールアドレスの情報は悪用される可能性があります。特に特許庁を装った偽メールによる機密情報の入手や現金の送金指示などが懸念されます。

今回の緩和で、メールアドレスに対しての条件は緩やかになったものの、セキュリティーの問題が完全にクリアーされている訳ではないので、対象メールの選択や扱いには十分気をつけて、必要であれば、サイバーセキュリティのトレーニングを社内の担当者にすることをおすすめします。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Michael A. Geller. DLA Piper (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

2019年2月のIPRとCBM の統計データ

2月PTABは34件のIPRとCBMのFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内408 クレーム(66.89%)を取り消し、192 クレーム(31.48%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い10 クレーム(1.64%)が生き残りました。いままでの争われたクレームの累計取り消し確立は、約75%です。

Read More »
企業機密
野口 剛史

DTSAがアメリカ国外の行為にも適用される

企業機密搾取関連のDefend Trade Secrets Act (“DTSA”) が始めて搾取に関わる行動がすべてアメリカ国外で起こった案件に適用されました。アメリカでの活動に何らかの接点(Nexus)は必要ですが、Nexusを示せれば、アメリカ国外の企業機密搾取行為にもDTSAを活用できることがわかりました。

Read More »