企業機密について知っておきたいことトップ5(2018年版)

Kilpatrick Townsendの弁護士Audra DialがPracticing Law Instituteのセミナー“Trade Secrets 2018: What Every Lawyer Should Know”でシェアーした企業機密について知っておきたいことトップ5を紹介します。

  • 企業機密が悪用されるケースが増えてきている。
  • 企業機密を守る最大の課題は従業員の不注意。不注意を未然に防ぐ対策をとることで、企業機密漏洩はかなり改善される。
  • 企業機密の漏洩があった際、最初の30日が最も重要。社内調査を迅速におこない問題の規模を把握し、従業員の中に漏洩を手助けするような人がいないかを特定する。
  • 漏洩を未然に防ぐためには事前に対策を取っておかないといけない。資産の中で何が最も大切かを特定しておき、従業員に機密情報の取り扱いやワーニングサインを早期発見させるような教育も重要。
  • 警戒を怠らないことが大切。常に漏洩のきっかけを検知するように努め、監査をおこなうことで弱い部分を特定して補正していくことが大切。

企業機密の漏洩対策は、防衛から発生した際の対処まで幅広い内容に及びます。企業機密に関する情報は過去の記事もあるので参考に為てみて下さい。企業機密対策とサイバーセキュリティ対策は似たような性質を持っているので、どちらかの対策を計画する際、もう一方の対策も合わせておこなうと相乗効果が得られると思います。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Audra A. Dial. Kilpatrick Townsend & Stockton LLP(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

Congress-law-making
契約
野口 剛史

特許デマンドレター規制法案

2018年7月13日、Michael Burgess議員が、特許デマンドレターを規制する法案(the Targeting Rogue and Opaque Letters (“TROL”) Act (H.R. 6370))を提出しました。この新しいTROL Actでは、悪質な特許関連のデマンドレターに対する規制を設けています。簡単に言うと、このTROL Actが成立すれば、米国連邦取引委員会(Federal Trade Commission (FTC))が悪質な特許デマンドレターを送っている組織に対して訴訟を起こすことができるようになります。

Read More »
american-native-tribe
再審査
野口 剛史

CAFCも同意:先住民への特許譲渡でIPRを回避することはできない

CAFC は2018年7月20日、先住民は特許庁でおこなわれる IPR に対して連邦法における独立国家としてのステータス(sovereign status)を使うことはできないとしました。注目されていた Saint Regis Mohawk Tribe v. Mylan Pharmaceuticals Inc., において、 CAFC は IPR は行政機関による取締行為であり(agency enforcement action)、民事訴訟とは違うため、先住民に与えられている特権(tribal immunity)によって IPR を回避できないとしました。

Read More »
computer-code
Uncategorized
野口 剛史

AIを使った知財教育

AIは様々なところで使われ始めていますが、知財教育にも応用できないかと思っています。例えば、知財部員の研修などに取り入れたらより実践に近い研修ができるのではないでしょうか?

Read More »