企業機密について知っておきたいことトップ5(2018年版)

Kilpatrick Townsendの弁護士Audra DialがPracticing Law Instituteのセミナー“Trade Secrets 2018: What Every Lawyer Should Know”でシェアーした企業機密について知っておきたいことトップ5を紹介します。

  • 企業機密が悪用されるケースが増えてきている。
  • 企業機密を守る最大の課題は従業員の不注意。不注意を未然に防ぐ対策をとることで、企業機密漏洩はかなり改善される。
  • 企業機密の漏洩があった際、最初の30日が最も重要。社内調査を迅速におこない問題の規模を把握し、従業員の中に漏洩を手助けするような人がいないかを特定する。
  • 漏洩を未然に防ぐためには事前に対策を取っておかないといけない。資産の中で何が最も大切かを特定しておき、従業員に機密情報の取り扱いやワーニングサインを早期発見させるような教育も重要。
  • 警戒を怠らないことが大切。常に漏洩のきっかけを検知するように努め、監査をおこなうことで弱い部分を特定して補正していくことが大切。

企業機密の漏洩対策は、防衛から発生した際の対処まで幅広い内容に及びます。企業機密に関する情報は過去の記事もあるので参考に為てみて下さい。企業機密対策とサイバーセキュリティ対策は似たような性質を持っているので、どちらかの対策を計画する際、もう一方の対策も合わせておこなうと相乗効果が得られると思います。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Audra A. Dial. Kilpatrick Townsend & Stockton LLP(元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。