Incorporation by Reference を使う際の注意点

Incorporation by Reference を使う際に、参考文献の全体を含みたいのであれば、はっき りとした、幅の広い、はっきりとした宣言が大切です。他に余分な限定的と捉えられる ような表現は避けるべきでしょう。

CAFC は、Paice LLC v. Ford Motor Co., Nos. 2017-1387, 1388, 1390, 1457, 1458 (February 1, 2018) のおいて、5つの PTAB における IPR に関する共通の Incorporation by Reference に 関する問題を解決しました。この再審理で、CAFC は、PTAB が Incorporation by Reference の表現を必要以上に限定的に解釈し、その結果、クレームの一部が written description 違反で無効となった判決には、誤りがあったと判決し、PTAB での判決を覆 しました。

問題になった特許は、CIP(Continuation-in-parts、一部継続出願)であって、さらに関 連する先行例文権の有効日が、CIP の出願日の前だったが、親出願の出願日の後だった ので、問題になった CIP のクレームが新しく CIP で追加された開示に関するものなの か、それとも親出願ですでに開示されているものなのかが問題になった。親出願で開示 されていれば、そのクレームの有効日は親出願の出願日なので、文献は先行例ではなく なるが、CIP で追加された内容に関するものであれば、クレームの有効日は CIP の出願 日となり、文献が先行例となるという状況でした。

その問題になった CIP で使われていた Incorporation by Reference の表現は以下の通りで す。

This application discloses a number of improvements over and enhancements to the hybrid vehicles disclosed in the inventor’s U.S. Pat. No. 5,343,970 (the “’970 patent”) [Severinsky], which is incorporated herein by this reference. Where differences are not mentioned, it is to be understood that the specifics of the vehicle design shown in the ’970 patent are applicable to the vehicles shown herein as well.

PTAB は、2番目の文を引用が限定されるものだと解釈し、参考文献と明細書の開示に おいて大差がない部分のみ含まれると理解したので、参考文献と明細書に間に違いがあ る部分は含まないと判断しました。

しかし、CAFC は PTAB の解釈に異議を唱え、最初の1文において、幅の広い、はっき りとした宣言により参考文献がすべて引用されていると解釈するべきと判断。2番めの 文は、CIP における発明は引用文献の一部にしか関わることではないという意味なの で、2番目の文で引用が限定されるものではないと判断しました。

また、CAFC は、2番目の文を狭く解釈しても、最初の1文において、すでに幅の広 い、はっきりとした宣言により参考文献がすべて引用されているので、2番目の文によ って引用が限定されるべきではないとしました。

結果的には、はっきりとした、幅の広い、はっきりとした宣言があれば、Incorporation by Reference で参考文献の全体を引用できるという判決でしたが、このような問題を事 前に回避するためにも、Incorporation by Reference を使う際は、はっきりとした、幅の 広い、はっきりとした宣言をし、かつ、他に余分な限定的と捉えられるような表現は避 けるべきでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Matthew W. Johnson. Jones Day http://www.ptablitigationblog.com/incorporation-by-reference-users-beware/#page=1

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

money
ビジネスアイデア
野口 剛史

弁理士試験費用の貸金サービス

弁理士試験には多くの費用がかかりますが、事務所や企業が負担するケースは少ないようです。しかし、長期的に見たら従業員にとっても雇用主にとっても弁理士資格を得ることはメリットがあるので、雇用主側の負担が難しいのであれば貸金サービスを提供したらどうでしょうか?

Read More »
laptop-working
ビジネスアイデア
野口 剛史

実案件から学ぶコンテンツ

コロナ禍で日本の雇用形態に大きな変化が起きていて、大手企業でもジョブ型の雇用にシフトしたり、副業を正式に認めたり奨励する動きもあります。それに伴い働く従業員側のマインドセットも変わりつつあるのではないでしょうか?そこで今回はそのような業界の流れをふまえて、知財専門の会員制副業サイトのニーズについて考えていきたいと思います。

Read More »
display-with-code
企業機密
野口 剛史

リモートツールにおける企業秘密の脅威

COVID-19 のパンデミックは、機密情報や企業秘密を保護する上で、ユニークで前例のない課題を提示しています。従業員がリモートで仕事をしているため、仕事を進めるために様々なリモートツールを使っていますが、使用するツールのセキュリティを十分に理解しないまま使用すると、意図しない企業秘密リスクを産む可能性があります。

Read More »