統計で見るTC Heartland事件の影響

特許データ分析を行うLex Machina社が2017年の特許訴訟に関するレポートを発行。その中でも、TC Heartland事件による裁判地の変更の影響が大きく見えた。

2017年の春、最高裁はTC Heartland事件において既存の裁判地のルールに関する解釈を変更(詳しくは関連記事を参照)。この変更により、最も人気があった裁判地E.D. Texasにおける特許訴訟数がTC Heartland事件以前にくらべ50%減。一方、税金などの関係上、米国企業の法人登録が多いDelaware州では、特許訴訟数がTC Heartland事件以前にくらべ70%増。Central California, Northern California また New Jerseyにおける訴訟数も増加。

また、別の視点で見てみると、TC Heartland事件以降、全体の13%にあたる特許訴訟がEast Texasで起こされ(33%からの大幅減)、全体の23%がDelaware州で起こされ (13%からの大幅増)、残りの63%は他の管轄で起こされた (54%から増加)。13%という数字は、大きくEast Texasは重要な裁判地の1つだが、過去のような絶対的な地位にはおらず、他のDelaware, California, Chicagoや他の裁判所における特許訴訟数が上がるにつれて、East Texasが占める割合も減少していくことが今後予想される。

 

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:R. David Donoghue. Holland & Knight LLP

https://www.retailpatentlitigation.com/2018/02/lex-machina-2017-patent-litigation-study-patent-reform-at-work/#page=1

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Featured image showcasing a collage of various iconic sports logos with a focus on the Jordan Jumpman logo by Nike, surrounded by other subtle sports logos, representing the diversity and competitiveness of the sports industry, designed for a blog post about sports brand identity and intellectual property rights.
商標
野口 剛史

Nikeに学ぶ商標の権利行使とブランド力の維持

何千ものスポーツロゴの中で、ナイキのジョーダン・ジャンプマン・ロゴほど瞬時に認識でき、象徴的なロゴはほとんどありません。バスケットボールの伝説的選手、マイケル・ジョーダンが宙を舞うこの力強いシンボルマークは、卓越した運動能力、そしてゲームの精神の代名詞となっています。ナイキは、自社のブランド資産を侵害しようとするいかなる企業に対しても行動を起こす用意があり、最近の係争では、ナイキの象徴的なシンボルから連想されるバスケットボールコートとはかけ離れた、スキーヤーのアクションを描いたスキマンのロゴが争点となっています。

Read More »
computer-code
特許出願
野口 剛史

明細書の説明不足が特許適格性の問題を引き起こす

明細書で既存の方法や技術を言及するだけにとどまり、技術的な詳細や予想外の結果を示さないと、訴訟の際に第101条の特許適格性の問題を引き起こす可能性があります。そのため、例え広く知られている方法や技術であったとしても、なるべく具体的な開示を明細書で行うようにしましょう。

Read More »