「法律の変更」は進行中の訴訟に大きな影響を与える

Court of Appeals for the Federal Circuit(略してCAFC、アメリカ連邦巡回区控訴裁判所)は、2017年、In re: Micron Tech., Inc., において、TC Heartland事件で最高裁が下した裁判地(venue)に関する判決は、既存の法律を変更するものであって、現在進行中の特許訴訟における裁判地の特定にも影響するとした。

 

TC Heartland事件 − TC Heartland LLC v. Kraft Foods Group Brands LLC において、

米国最高裁は、特許訴訟の際、特別な裁判地(venue)に関するルールが適用され、米国内企業の場合、会社の設立地が「居住」(resides)している地であると限定的な解釈をした。

 

関連まとめ記事:裁判所選びができなくなる?TC Heartland事件で特許訴訟の被告側が有利に?

 

通常、連邦民事訴訟規則Rule 12(g)(2)上、裁判地(venue)に問題がある場合、被告側は訴訟が始まるときに、異議を申し立てなければいけない。もし申し立てがない場合、その申し立て権利を放棄(waive)したとみなされ、進行中の特許訴訟では裁判地の変更はできない。

 

しかし、TC Heartland事件を受け、CAFCは、特許訴訟に関わる裁判地(venue)の法律に変更があったことを認め、現在進行中の特許訴訟でも裁判地を変更できることを示唆した。

 

今回In re: Micron Tech事件では、具体的にどのようなケースの場合に裁判地の見直しが行われるべきか明確なルールは決められず、 将来の訴訟案件ごとに個別に決められるべきとした。

 

裁判地によって訴訟は大きく変わるので、現在、TC Heartland事件以前に始まった特許訴訟で被告になっている企業は、すぐに裁判地の変更ができるか訴訟弁護士と相談し、行動する必要がある。

 

まとめ作成者:野口剛史

 

元記事著者:Bijal Vakil, Charles Talbot, and Don Zhe Nan Wang. White & Case LLP

https://www.whitecase.com/publications/article/re-micron-tech-waiver-and-improper-venue-challenges-post-tc-heartland

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

american-native-tribe
再審査
野口 剛史

CAFCも同意:先住民への特許譲渡でIPRを回避することはできない

CAFC は2018年7月20日、先住民は特許庁でおこなわれる IPR に対して連邦法における独立国家としてのステータス(sovereign status)を使うことはできないとしました。注目されていた Saint Regis Mohawk Tribe v. Mylan Pharmaceuticals Inc., において、 CAFC は IPR は行政機関による取締行為であり(agency enforcement action)、民事訴訟とは違うため、先住民に与えられている特権(tribal immunity)によって IPR を回避できないとしました。

Read More »
chess-strategy
再審査
野口 剛史

SAS判決後のIPR新戦略

SAS判決によりIPRの partial institution がなくなって数ヶ月経ちますが、すでにSAS判決を利用した新しい戦略が試されています。今回はpartial institution がなくなったSAS判決後の判例を元にクリエイティブな戦略を見ていきましょう。

Read More »