アメリカにとって台湾の重要性が増している

アメリカにとって、貿易額がTop10にランクインした台湾は重要な国(地域)の1つになってきています。経済的な重要性に伴い台湾における特許等の知財保護の重要性も高まってきています。

知財保護という観点で気をつけたいのが、台湾がWIPOメンバーでないということです。しかし、台湾はアメリカやヨーロッパの国々を含む数多くの国と知財にかかわる契約を交わしています。台湾はEPCやPCTの加盟国ではないですが、EPCやPCT出願の優先権を主張して台湾に出願することが可能です。台湾はPCT加盟国ではないので、30ヶ月後のnational phase entryはできません。その代わりに、台湾におけるnational applicationは最も早い出願日から12ヶ月以内に行う必要があります。台湾特許出願は中国語以外の言語でもできますが、中国語による翻訳の提出が決められた時期までに必要です。対応言語は、Arabic, English, French, German, Japanese, Korean, Portuguese, Russian and Spanishとのことです。

台湾には3種類の特許:Invention, Utility Model, そして Designがあります。Invention特許は、一般的な「特許」とほぼ同等で、20年の期間有効です。一部のバイオ系の発明(animals, plants, and essential biological processes for the production of animals or plants, except for processes for producing microorganisms、Diagnostic, therapeutic and surgical methods for the treatment of humans or animals )は、特許の対象外です。審査期間の平均は24から36ヶ月。

Utility Model 特許は、形や構造に関するもので、Invention 特許よりも発明の難易度はある程度低いとのことです。Invention 特許と異なり、有効期間は10年。Utility Model 特許は、Invention 特許よりも審査が厳しくないため、Invention 特許よりも早く権利化される傾向にあります。

Design特許は、視覚的要素が強い形、型、色などに関するもので、アイコンやグラフィックインターフェイスなども対象になります。有効期間は12年です。

台湾で特許の無効性を主張するには、無効手続きしかありません。The Intellectual Property Court (IP Court) は知的財産に関わる案件を扱う専門施設です。IP Courtの判事はIP関連の訴訟の経験があり、何人かは技術的な経験もあります。Technical examination officers という人がいて、判事の助手として働くとのことです。 このようなexamination officersはthe Taiwan Intellectual Property Office (TIPO) の上級審査官で専門技術と特許審査の経験をもつ人です。アメリカと同じように、侵害と有効性の問題は同時に扱われます。

コメント:

日本にいると台湾への出願も珍しくはないと思います。仕組みや特徴なども知っている人は多いと思います。しかし、アメリカでこのように台湾の知財の仕組みや特徴が紹介されているとこが面白いと思ったので、今回取り上げてみました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Miklos Gaszner, Ph.D. Sterne Kessler Goldstein & Fox PLLC

http://e.sternekessler.com/cv/99d57e87b4e88e374c74da2994e98a1a07acd929/p=6799079

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

vision
特許出願
野口 剛史

スタートアップのための知財戦略(その1)

スタートアップを起業する場合、特許は大切です。特許は自社のコア技術を守るだけでなく、投資家がスタートアップに投資する際の重要な判断材料にもなります。今回はスタートアップがするべき知財戦略について5ポイントをまとめました。その2では、残りの6ポイントをシェアーします。

Read More »
abandoned-low-declining
再審査
野口 剛史

期限切れが迫る中、CBMの申し立てが減少中

Covered Business Method (“CBM”)特許のレビューは、AIAによる特許法の改正があった2012年から、550件以上の行われています。しかし、その数は去年ごろから減少し始め、2018年6月の特許庁による統計データでは、2018年度では、30件ほどしかCBMに対する申し立てがありませんでした。また、ここ数ヶ月では、数件しかCBMの申し立てがありませんでした。CBMは移行期間限定の手続きで、議会が延長しないかぎり、2020年9月で受付を終了します。

Read More »