返答をしないと略式判決になってしまう

Kennelly判事は被告人によるFed. R. Civ. P. 12(b)(6) motion to dismissを受け入れ、原告GemSharesが申立書で示した幾つかの論点を棄却しました。GemShares, LLC v. Lipton, et al., No. 17 C 6221, Slip Op. (N.D. Ill. Feb. 11, 2018) (Kennelly, J.).

経緯:

被告人は、原告が申立書を変更して別の特許クレームに関して権利行使を諦めたことによって、原告が本案件で争われているクレーム7から11に対する権利行使を自ら放棄したと主張。なぜ別の特許クレームの権利行使の放棄が他の特許の有効性に影響を与えるのか被告の主張の論点が明確ではありませんでしたが、原告がこの被告の主張に対して返答をしていなかったので、被告人によるFed. R. Civ. P. 12(b)(6) motion to dismissを受け入れ、クレーム7から11に対する論点が棄却されました。

裁判所は、この問題についてDiscoveryの後に考慮する猶予を与えましたが、このように返答していなかったという理由で、論点の一部が略式判決で決まってしまうのはもったいないことだと思います。

教訓:

論理的でない主張でも、その主張に対しての返答は行うべきです。返答を行なってしまうと、主張された内容が審議なく受け入れられてしまい、自社にとって不利な状況になってしまうことがあります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:R David Donoghue. Holland & Knight LLP

Summary Judgment Granted Based Upon Failure to Respond to Arguments

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

speech-presentation
再審査
野口 剛史

裁判官直伝の実務アドバイス(口頭弁論編)

IPR などの PTAB での手続きで口頭弁論がある場合、当事者として口頭弁論を聞くことがあると思います。しかし、このような判事の評価ポイントを知らないと、口頭弁論を聞いても、判事の印象を正確に判断できません。ここでは口頭弁論における印象を正確に把握するための5つのポイントを紹介します。

Read More »
american-native-tribe
再審査
野口 剛史

CAFCも同意:先住民への特許譲渡でIPRを回避することはできない

CAFC は2018年7月20日、先住民は特許庁でおこなわれる IPR に対して連邦法における独立国家としてのステータス(sovereign status)を使うことはできないとしました。注目されていた Saint Regis Mohawk Tribe v. Mylan Pharmaceuticals Inc., において、 CAFC は IPR は行政機関による取締行為であり(agency enforcement action)、民事訴訟とは違うため、先住民に与えられている特権(tribal immunity)によって IPR を回避できないとしました。

Read More »