Slackで仕事を効率化しよう

最近、別プロジェクトでSlackを頻繁に使うようになりました。使っていたら結構便利なので、日々の知財活動でもSlackを導入して仕事の効率化をはかってはいかがでしょうか?

Slackとは?

Slackとはアメリカ発のビジネスチャットツールで、日本でも毎日50万人以上の人が使っているとのことです。Slackのいいところは、Channelという機能があって、ビジネスタスク中心のコミュニケーションがとれ、プロジェクトを進める上でのハブみたいな役割を得意としています。

Eメールは非効率

プロジェクトの連絡はEメールでおこなっている人も多いと思いますが、情報が散漫になったり、添付ファイルがあちらこちらにあったり、メールのチェーンが大きくなるとメールを開くのに時間がかかったり、プロジェクトをおこなうにはとても非効率なツールです。

また、メールを書くには、メールの題名や宛先をいちいち指定しないといけないし、メール最後の署名部分など無駄な部分も多く、特に社内でプロジェクトをおこなう上で頻繁に連絡しあうメンバー同士のコミュニケーションには向いていません。

時差があるメンバーとコラボする時は必須

Slackを本格的に使い始めて1週間ほどが経ちました。まだ、すべての機能を把握した分けではないのですが、時差があるメンバーとコラボする時は必須だと感じています。

今、新しい知財エンターテイメントを作ろうとして、日本の関係者と新しい企画を練っているところです。最初はメールで挨拶をして、Skypeで話しましょうと提案しましたが、時差などの関係でスケジュールが合わず、同じ時間帯にコミュニケーションをできる時間がとれませんでした。

しかし、Slackを使うことで時差を気にせず、自然にコミュニケーションができ、意思の疎通もジョジョにできています。Face-to-faceで1時間話すことができれば全体の意思疎通が素早くできるので、それがベストですが、Face-to-faceが難しい場合は、Slackなどのコミュニケーションツールを使って意思疎通を図るのもとても自然な形になってきています。

今回は時差が課題でSlackを導入しましたが、例えば、営業で外に出っぱなしでコミュニケーションが取りにくい営業との連絡や、距離の離れている支店や拠点で働いている同僚とのコラボレーションなど、普段隣の席に座っていない人とプロジェクトを進めていく際、Slackを使ってみるといいかもしれません。

リソースがたくさんある

私はまだSlackを本格的に使い始めて1週間足らずですが、わからないことがあったら検索してすぐに見つかるので、使いながら学べる点も気に入っています。

Slack Japanも積極的に日本語のリソースを提供していて、Slack 101というウェビナーも定期的におこなっています。

まとめ

Slackはビジネスタスク中心のコミュニケーションが簡単にとれるので、プロジェクトを数人でおこなうためのプラットホームとしてとても優れています。特に、他の用事で会議などが開きづらい場合、わざわざ会議の調整に時間をかけるのではなく、Slack経由でコミュニケーションを取り、プロジェクトを進めていくことで、仕事を効率化できると思います。

私はまだSlack初心者ですが、これからもっと積極的に使っていきたいと思います。

あなたはSlackを使ったことがありますか?使った感想をコメント欄でシェアーしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。