Slackで仕事を効率化しよう

最近、別プロジェクトでSlackを頻繁に使うようになりました。使っていたら結構便利なので、日々の知財活動でもSlackを導入して仕事の効率化をはかってはいかがでしょうか?

Slackとは?

Slackとはアメリカ発のビジネスチャットツールで、日本でも毎日50万人以上の人が使っているとのことです。Slackのいいところは、Channelという機能があって、ビジネスタスク中心のコミュニケーションがとれ、プロジェクトを進める上でのハブみたいな役割を得意としています。

Eメールは非効率

プロジェクトの連絡はEメールでおこなっている人も多いと思いますが、情報が散漫になったり、添付ファイルがあちらこちらにあったり、メールのチェーンが大きくなるとメールを開くのに時間がかかったり、プロジェクトをおこなうにはとても非効率なツールです。

また、メールを書くには、メールの題名や宛先をいちいち指定しないといけないし、メール最後の署名部分など無駄な部分も多く、特に社内でプロジェクトをおこなう上で頻繁に連絡しあうメンバー同士のコミュニケーションには向いていません。

時差があるメンバーとコラボする時は必須

Slackを本格的に使い始めて1週間ほどが経ちました。まだ、すべての機能を把握した分けではないのですが、時差があるメンバーとコラボする時は必須だと感じています。

今、新しい知財エンターテイメントを作ろうとして、日本の関係者と新しい企画を練っているところです。最初はメールで挨拶をして、Skypeで話しましょうと提案しましたが、時差などの関係でスケジュールが合わず、同じ時間帯にコミュニケーションをできる時間がとれませんでした。

しかし、Slackを使うことで時差を気にせず、自然にコミュニケーションができ、意思の疎通もジョジョにできています。Face-to-faceで1時間話すことができれば全体の意思疎通が素早くできるので、それがベストですが、Face-to-faceが難しい場合は、Slackなどのコミュニケーションツールを使って意思疎通を図るのもとても自然な形になってきています。

今回は時差が課題でSlackを導入しましたが、例えば、営業で外に出っぱなしでコミュニケーションが取りにくい営業との連絡や、距離の離れている支店や拠点で働いている同僚とのコラボレーションなど、普段隣の席に座っていない人とプロジェクトを進めていく際、Slackを使ってみるといいかもしれません。

リソースがたくさんある

私はまだSlackを本格的に使い始めて1週間足らずですが、わからないことがあったら検索してすぐに見つかるので、使いながら学べる点も気に入っています。

Slack Japanも積極的に日本語のリソースを提供していて、Slack 101というウェビナーも定期的におこなっています。

まとめ

Slackはビジネスタスク中心のコミュニケーションが簡単にとれるので、プロジェクトを数人でおこなうためのプラットホームとしてとても優れています。特に、他の用事で会議などが開きづらい場合、わざわざ会議の調整に時間をかけるのではなく、Slack経由でコミュニケーションを取り、プロジェクトを進めていくことで、仕事を効率化できると思います。

私はまだSlack初心者ですが、これからもっと積極的に使っていきたいと思います。

あなたはSlackを使ったことがありますか?使った感想をコメント欄でシェアーしてください。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

hand-shaking-settlement
訴訟
野口 剛史

和解の成立タイミングはとても重要

和解が成立した時点で、たとえ和解後に行わなければいけない事柄があったとしても、訴訟自体に法的な重要性がなくなるということが今回の判例で明確になりました。訴訟の和解は重要な判決が下る直前に結ばれることがよくあるので、この判例は今後の和解戦略を考えるのに重要な判決になるでしょう。

Read More »
特許出願
野口 剛史

商業的に成功したデザインの非自明性

特許の場合、商業的実施形態が市場で成功したことを非自明性の証拠として提出することができます。いわゆるCommercial successというものですね。MPEP214. 意匠でも同じような主張ができるのですが、意匠の場合、機能的な部分は保護の対象外になるため、特許の場合と比較して、このCommercial successによる非自明性の証明がとても難しくなります。

Read More »
supreme-court
商標
野口 剛史

商標侵害の利益を得る基準は?最高裁が審議へ

商標侵害の際、侵害による損失の計算が難しいため侵害した会社の利益の一部を賠償金として支払うということがよく行われています。しかし、利益の一部の支払いは公平の原理に基づくものなので、基準が明確ではありませんでした。しかし、今回、最高裁がこの問題を審議することになり、注目が集まっています。

Read More »