最も広い合理的な解釈(broadest reasonable interpretation)の範囲

クレーム用語の最も広い合理的な解釈において、明細書とは矛盾する、または、用語の意味がわからなくなってしまう解釈は、クレーム用語の最も広い合理的な解釈の範囲を超えている。

最も広い合理的な解釈(broadest reasonable interpretation。略して、BRI)- 米国 特許庁で用いられるクレーム解釈に対する基本的な考え方。 クレームに使われ ている用語を,明細書に基き当業者が理解するであろう最も広い合理的な解釈 (broadest reasonable interpretation)で理解する。クレーム用語は,発明時(つ まり、特許出願の有効出願日)に、当業者が明細書に基いて最も広い合理的な解 釈(broadest reasonable interpretation)をした場合を想定して解釈される。Philips 基準とは違い、明細書からクレームへ限定事項を読み込むことはしない。 Manual of Patent Examining Procedure(MPEP)§ 2111 (https://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/s2111.html)

経緯:

Fairchild Semiconductor が Power Integrations に関する特許の再審査(reexamination)を 特許庁に求めました。この特許は訴訟でも権利行使されており、electromagnetic interference (‘EMI’) noise を低下される技術に関するものです。並行して行われてい る地裁訴訟では、陪審員は先行例に対して特許は有効と判断し、CAFC もその判断に合 意。再審査でも、地裁で争われた先行例が問題になっていて、1回目に CAFC に上訴ら れた際に、CAFCPTAB に対し、用語“coupled”の解釈が広すぎると指摘。CAFCPTAB に、地裁で使われたより狭い解釈を考慮して、再審査するように命じました。し かし、2回目の再審査でも PTAB は用語“coupled”を広く定義、CAFC に同じ問題で2 回上訴されるという珍しい事件になりました。

CAFC はこの2回目の上訴で、PTAB の解釈は、不当に広く、明細書の開示に関する考察 を不適切に除外していると非難し、PTAB での判断を無効にしました。CAFC は、特許明 細書は、“coupled”された部品同士の特定の関係を開示しているが、PTAB はその関係 性を無視したと非難。そのことによって、“coupled”という用語を意味のないものに してしまったと結論付けました。また、PTAB の解釈は、クレームにおける用語の使わ れ方(coupled されたものが直接他の coupled された部分に作用する)とも矛盾してい ると指摘しました。

PTAB は2回も“coupled”という用語を再定義するチャンスが与えられたのに、正しく 解釈を行わなかったとして、CAFC は、地裁で用いられたより狭い解釈によって決まっ た定義を用いて、再度、PTAB において特許の再審査を命じました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Baraa Kahf and Brandon G. Smith. Knobbe Martens https://www.knobbe.com/news/2018/03/re-power-integrations-inc

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事