サムソンが最大米国特許保持者に、IBMを抜く

IPデータと分析プラットフォームktMINEによると、米国特許保持者トップ10社の内、8社がアジアの会社です。その中でも韓国の企業サムソンは、トップを走り、2018年1月の時点で、75,595件の有効米国特許を保有し、2番手のIBM社の46,443件という数字を大きく超えています。その他トップ5の企業は、Canon, Microsoft そしてIntelです。

IBMは、毎年最も多く米国特許が与えられている会社だということ有名だと思います。2017年も含む過去過去25年間、その地位は揺らいでいません。しかし、IBMの特許放棄率は高く、多くの特許は権利の満了期間を待たずに放棄されてしまいます。一方、サムソンは、IBMよりも特許保持率が高く、IBMよりもより多くの技術分野で活発に活動しています。

米国特許保持ランキングトップ10:

  1. Samsung
  2. IBM
  3. Canon
  4. Microsoft
  5. Intel
  6. Panasonic
  7. LG Electronics
  8. Sony Corporation
  9. Hitachi
  10. Toshiba

調査方法:

今回の調査をするにおいて、記事元であるIAMとktMINEは、特許公報を分析し、許可された特許と審査中の特許出願を特定。許可された特許には一般特許の他、デザイン特許とプラント特許も含みます。

権利満了、放棄、または、維持されていない特許・出願はデータベースから削除されています。

今回の調査は2018年1月1日時点のデータを元に行われました。

許可された特許と審査中の特許出願は、関連会社も含む企業別に分けられ、さらに企業の本社が存在する国別に分析が行われました。

コメント:

IAMに有料登録すると、ここで紹介された米国特許保持企業トップ100の詳細が分かります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Joff Wild. IAM

http://www.iam-media.com/blog/detail.aspx?g=6b3925fc-1e8a-4298-8dbc-512f9f360641

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

contract-signing
契約
野口 剛史

公証人がいない?問題ありません

契約は州法で取り締まられているので、アメリカをひとまとめにして話すのは難しいですが、今まで公証を必用としてきた手続きも簡略化されてきています。このような流れからボトルネックになっていた「公証」手続きを代替できるか検討するタイミングに来ているのではないでしょうか?

Read More »
money
契約
野口 剛史

特許の収益化 (OLC独占記事)

特許には必ず何らかの価値があり、特許を収益化できれば、新しい収入源になります。しかし、特許の収益化は簡単ではありません。 実際のプロセスは非常に複雑で、リソースを必要とします。 しかし、今後COVID-19ウイルスの影響が経済に与える影響を考えると特許の収益化は検討する価値があります。 また、創造的な思考と計画をもちいれば、少ないリソースを最大限に活用することができます。

Read More »
訴訟
野口 剛史

COVID-19パンデミックで特許訴訟件数が増加か?

過去10年間で、米国における特許訴訟の提訴件数は2013年に過去最高を記録し、その後もしばらくは高水準を維持していましたが、ここ数年は着実に減少しています。しかし、過去が将来を示唆するものであるならば、不況が続く中で特許訴訟の活動は今後も増加する可能性があります。

Read More »