多くの株式公開しているNPEが特許権利行使をやめた

2017年多くの株式公開しているNPEが特許権利行使をやめた。

 

例えば、Pendrell Corporation は、ContentGuard DRMキャンペーンの失敗を期に、権利行使ではなく他の方法でより安定した収入を得られるビジネスを展開していくと発表。

 

旧Wi-LAN Inc.は特許ライセンスを重要視するのをやめ、IoT関連事業の買収に力を入れると発表し、その後、社名を Quarterhill Inc.に変更。

 

Acacia Research Corporationは既存のキャンペーンに関する訴訟は継続して行っているが、新しいキャンペーンは2015年以降行っていない。

 

その一方、他の多くの株式公開しているNPEは投資企業のFortress Investment Group LLCからの融資契約後、金銭的に苦境にさらされている。その例が、Crossroads Systems, Inc., だ。2013年にFortressによって融資されていた特許がPTABで無効になった際に、破産を宣言。また、Inventergy Global, Inc.は750件以上におよぶ通信関連の特許に関する決定権をFortressに譲渡。Inventergy Global, Inc.が資金難になっていた時に、Fortressが融資をしていた。その後、Fortressは、Inventergyのキャンペーンを継続し、キャンペーンの第二弾を立ち上げ、提携しているVLSI Technology LLC.を通して活動している。

 

このように、最近の兆候では株式公開をしているNPEが活動を続けていくために、外部の資金に依存し始めていることがわかる。

 

まとめ作成者:野口剛史

元記事:RPX Blog

http://www.rpxcorp.com/2018/01/02/2017-in-review-a-year-of-transition/

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

“多くの株式公開しているNPEが特許権利行使をやめた” に1件のコメントがあります

  1. 当たり前のことですけど、損害賠償や特許訴訟を前提に和解金をせしめるビジネスは立ち行かなくなったということなんでしょうね。良いニュースを紹介いただき感謝です。NPEの動きはまっとうと思いますが、保護が必要なベンチャー企業などの成長が遅れるといったことにはならないようにしてもらいたいものです。

コメントする

追加記事

dollar-sign
特許出願
野口 剛史

CAFC En Banc判決:特許庁は弁護士費用を出願人に請求できない

特許法において、出願人が PTAB における判決に不服がある場合、2つのオプションがあります。1つ目のオプションは、CAFC に上訴すること。2つ目は、 地裁で特許庁長官を相手に訴訟を起こすことです。2つ目のオプションを選んだ場合、出願人が勝訴したとしても、費用はすべて出願人が払うことが35 U.S.C. § 145に明記されています。この条文により、特許庁は旅費、裁判所のレポータ費用、エキスパート費用などのさまざまな費用を出願人に請求してきました。しかし、今回、この「費用」に弁護士費用が含まれるのかが問題になりました。

Read More »
stop-estoppel
訴訟
野口 剛史

デザイン特許におけるProsecution History Estoppelの適用

デザイン特許においてもProsecution History Estoppelが適用される場合がありますが適用基準がはっきりしない場合があります。今回、CAFCはAdvantek Marketing, Inc. v. Shanghai Walk-Long Tools Co.において、デサイン特許に対して地裁においてはProsecution History Estoppelが適用されましたが、CAFCで覆ったので、このケースを詳しく見ていきましょう。

Read More »