PTABがTrial Practice Guideをアップデート

今後は定期的に毎年改定される可能性があります。2019年11月20日、PTABはIPRとPGRに関するTrial Practice Guideをアップデートしました。

最新版は、ここからアクセスできます。

最新のガイドラインは2018年のアップデート2019年のアップデートを含むものになります。

新しいガイドはInstitutionにおけるSAS判決の影響に関するアップデートを提供。また、PTABとコンタクトできる機会をより多くあたえ、initial conference callなどもリクエストできるようになりました。また、derivation proceedingsのスケジュールのアップデートやdefault protective orderに関する事柄もアップデートされました。

まとめ

過去2年の流れから、今後もTrial Practice Guideが定期的に更新されることが予測されます。特に1年に1回のサイクルで判例の影響や手続きの明確化がされるのではないかと期待するところです。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Brian A. Jones. McDermott Will & Emery(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

その他
野口 剛史

2019年の特許市場トップ10ニュース

2020年が幕を上げましたが、去年の特許市場で大きなニュースを振り返ってみたいと思います。判例などの振り返りもいくつかありましたが、これは市場という面白い観点で見ているので、今回簡単に紹介します。

Read More »
特許出願
野口 剛史

訴訟弁護士が特許を書くべき

特許は正確に書くのが難しい法律関係書類だとアメリカの最高裁が認めるほどのものですが、誰がそのような特許を書くべきかということに対してあまり関心が向けられていません。今回は訴訟を念頭に置くのであれば、特許は訴訟弁護士が書くべきだという主張を紹介します。

Read More »