PTABが6年ぶりにガイドラインを更新、特許権者有利に

米国特許庁は、2018年8月13日にTrial Practice Guideを更新しました。このガイドラインは2012年にAIAに伴い作成され、6年たった今年、初めて更新されました。この更新による実務上の変更は大きく、変更は全体的に特許権者に有利なものになりました。

以前までは、申立人が最後のブリーフをpetitioner replyで提出することができました。しかし、これからは、特許権者が最後のブリーフを提出することができるようになります。この変更は、明らかに特許権者に有利な変更です。更に、口頭弁論の際に、特許権者の反論主張をする時間が与えられたことです。このような特許権者に有利な変更を含めた今回のガイドラインによる大きな変更は以下の通りです。

主な変更点

1.Patent owner observations on cross-examinationはなくなり、 patent owner sur-replyに変更:

新しい証拠の提出等はできませんが、特許権者によるsur-replyは自動的に許可され、スケジュールにも組み込まれることになりました。この変更により、特許権者は、申立人のcross-examinationの際に申立人が認めた内容を、sur-replyでハイライトできるだけでなく、今までできなかった、申立人の主張に反論することができるようになりました。この変更により、申立人ではなく、特許権者が最後のブリーフを提出することができるようになります。

2.特許権者は口頭弁論の際にもsur-rebuttal oral argumentができるようになった:

この変更により、口頭弁論でも特許権者が最後に主張できるようになりました。

3.口頭弁論の時間はデフォルトで各当事者ごとに1時間:

これはPTABにおける実務を文章化しただけなので、特に実務に大きな影響はありません。ケースにより、これよりも多く時間を与えられたり、逆に、時間が制限されることもあります。また、他のケースと連結された場合、時間制限が短くなることがあります。

4.口頭弁論の前にカンファレンスをリクエストできるようになった:

このカンファレンスの目的は、口頭弁論で議論されるべき問題の整理です。パネル行政判事が関心のある事柄を知ったり、手続きや証拠に対する問題を事前に解決する場です。このようなカンファレンスは口頭弁論の最大で3日前から行うことができます。このカンファレンスを活用することにより、口頭弁論でよりパネル判事の関心している事柄に集中した議論を可能にします。

5.口頭弁論の前に証拠の除外を申し出ることができる:

この申し出は、案件の中核に関わる証拠のみに適用されるルールなので、あまり実務では使用するルールではありません。しかし、鍵を握る重要な先行例文献の公開日などに問題があり、その文献が先行例となるかならないかで、事実上、判決が決まってしまうような場合は口頭弁論なしで、IPRを早期に解決できる強力な手段になりえます。

コメント

このような特許権者に有利な変更が今後どのようにIPR等の結果に影響してくるのか今後も継続してモニターする必要があります。また、最高裁SAS判決の影響で一部クレームのみに対するIPRはできなくなったので、今、アメリカでは IPR に関する環境が大きく変わりつつあります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Scott A. McKeown, Filko Prugo and Charlotte Jacobsen. Ropes & Gray LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

contract-signing
契約
野口 剛史

公証人がいない?問題ありません

契約は州法で取り締まられているので、アメリカをひとまとめにして話すのは難しいですが、今まで公証を必用としてきた手続きも簡略化されてきています。このような流れからボトルネックになっていた「公証」手続きを代替できるか検討するタイミングに来ているのではないでしょうか?

Read More »
folders-manual
特許出願
野口 剛史

今後のポリシーにも影響大? USPTOがAIに関する報告書を発行

今やAIは様々なところで活用され身近なツールの1つになっています。しかし、AI技術には現在の知財関係の法律に整合性がうまくとれないものもあるので、今後のAIに関わる知財関連の法整備が急務になっています。今回はその一環として行われた特許庁によるAIに関する報告書を紹介します。

Read More »
important-page
訴訟
野口 剛史

故意侵害のハードルが高くなった?

故意侵害が成立すると3倍賠償や相手の弁護士費用を負担を迫られるリスクがあります。このようにリスクが高い故意侵害ですが、この「故意侵害」の定義はここ数年間変わり続けていてどのような行為が故意侵害になるのかが不透明になっています。

Read More »