特許庁がPTAB Trial Practice Guideを更新

アメリカ特許庁は、2019年7月に2回目となるAIA Trial Practice Guide (TPG)を行い、PTABで行われる手続きに関する追加のガイドラインを発表しました。

特許庁は2012年8月にAIAによるPTABにおける手続き開始と共にTPGを発行。その後、1回目の更新が2018年の8月にありました。

今回の更新は限定的で、今後も更新が予想されます。

以下が今回の更新による主な変更点です:

  • Factors that may be considered by the Board in determining when additional discovery will be granted
  • The revised claim construction standard to be used in IPR, PGR, and CBM proceedings
  • The submission of testimonial evidence with a patent owner preliminary response
  • Information to be provided by the parties if there are multiple petitions filed at or about the same time challenging the same patent
  • Motion to amend practice
  • Factors that may be considered by the Board in determining whether to grant a motion for joinder
  • Procedures to be followed when a case is remanded
  • Procedures for parties to request modifications to the default protective order

なお、オリジナルTPGガイドラインと過去すべての更新は、このページからアクセス可能です。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Matthew W. Johnson. Jones Day (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

one-way-sign
再審査
野口 剛史

SAS判決の狭間で争われたIPRにSAS救済が認められる

最高裁のSAS判決はIPRに大きな変化をもたらしました。その影響は、今後のIPRだけでなく、SAS判決の前に行われているIPRにも適用されます。今回のBiodelivery Sciences Intl., Inc. v. Aquestive Therapeutics, Inc., では、SAS判決前のIPRに対してSAS基準で再審議するようCAFCがPTABに命じ、差し戻ししました。

Read More »