特許庁で部署が新設され、PTAB Chefがアドバイザーとして就任

2018年8月14日、特許庁長官のAndrei Iancu氏は、Patent Trial and Appeal Board ( PTAB ) のchief judgeであるDavid Ruschke判事が、その職を離れ、特許庁で新設された部署の責任者になることを発表しました。Ruschke氏は、新設されたOffice of the Commissioner for Patentsで、アドバイザーとして業務を行います。

このOffice of the Commissioner for Patentsは、特許庁と PTAB の間の内部コーディネーションを向上するために新設されました。この部署の目的は、より直接的なコミュニケーションチャンネルを審査部とPTABの間に設けることで、自由な情報の行き来を促進することです。

Ruschke氏は、2016年5月Medtronicから PTAB に来ました。新しい役職でも、 PTAB と密接に関わっていくとのことです。Iancu氏は、彼の経歴が今後の行政機関内での強力促進に大きく貢献すると期待しています。

Ruschke氏の後任chief judgeが決まるまで、Scott Boalick氏がacting chief judgeを務め、Jacqueline Bonilla氏がacting deputy chief judgeを務めます。

人事異動が行われるのは、9月2日とのことです。

Iancu特許庁長官は、2018年2月に長官に就任して以来、アメリカ特許システムの向上について積極的に発言しています。AIによる特許調査などの取り組みもあり、彼の指揮の中、アメリカの特許システムの向上が期待されています。

まとめ作成者:野口剛史

情報元:World IP Review (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟
野口 剛史

Apple v. Qualcomm: Public interestがiPhoneの輸入規制を防ぐ最後の手段?

ITC 行政判事は、Apple がアメリカに輸入している iPhone が Qualcomm のアメリカ特許を侵害していると判断したにもかかわらず、iPhone の輸入規制をしないという判決を下しました。これは輸入規制をした際の Public interest を懸念したものですが、今後は、ITCパネルによるレビューや大統領のレビューもあり、この判決が変わる可能性もあります。

Read More »
analysis-data-statistics
特許出願
野口 剛史

ビジネス方法特許の上訴はほぼ特許適格性問題だった

特許申請中に、審査官と出願人の間で議論が並行してしまう場合、出願人はPTABへの上訴をし、行政法判事に再審議してもらおうと考えることがあります。上訴は時によっては特許を権利化させるために有効な手段ですが、テクノロジーセクターごとの分布はどうなっているのでしょうか?統計データから今のアメリカ知財の現状が見えてきました。

Read More »