主要特許庁が集まりAIツールについて議論

2018年6月半ば、アメリカ特許庁は主要5つの特許庁との会議をおこないました。この5つの主要特許庁は、 IP5 と呼ばれることもあり、アメリカ特許庁、EPO、JPO、KIPO(韓国)、SIPO(中国)が含まれます。この5つの特許庁で世界の約80%の特許が取り扱われています。

会議の目的

IP5 の目標は、お互いの特許庁における不必要な重複作業をなくしていき、効率化と質の向上を図っていくことです。今回の会議では、AIが特許審査に大きな影響を与える戦略優先課題の1つとして特定されました。EPOが主導し、 IP5 の目的にAIツールがどのように貢献するのかを分析するとのことです。

AI技術を特許庁における手続きに適用することで、作業の効率化と質の向上、コストカットが期待されています。例えば、特許案件の分類、先行例調査、画像の分類、調査、機械翻訳などにAIが有効的に活用できるのではと考えられています。

AIの影響は特許庁における審査以外にもありそうです。 たとえば、PTABにおいてのクレーム補正手続きの際に、補正が許されるか判断するための先行例調査などにも使えそうです。PTABにおけるIPR手続き等は、期間が限られていますが、そのような場合でも短期間でAIを使って先行例調査ができ、補正クレームの有効性に対する信頼性の向上が期待できます。

まとめ

AI技術が向上していく中、特許の審査プロセスにAIツールを取り込んでいく機会が多くなってくるでしょう。そのようなAIツールの導入により、さらなる効率化と質の向上が期待できます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Carl A. Kukkonen III. Jones Day (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

Relevant Prior Art Initiativeによる一部IDS提出義務の軽減化

USPTO では、Access to Relevant Prior Art Initiative (“RPA Initiative”) という特許出願の審査に必要な先行例文献などの情報を自動的に審査官に提供する仕組みを11月1日から試験的に一部のArt Unitsで導入します。この取り組みにより、continuing application に対する特許出願人の一部IDS義務が緩和されます。

Read More »
Uncategorized
野口 剛史

審査官用の教育教材を使ったウェビナー

アメリカ特許庁公式のウェビナーともあって、スピーカーは現役の Deputy Commissioner とPTAB Lead Judge です。なかなか特許庁内部の人によるプレゼンを聞く機会は少ないと思うので、このようなオンデマンドでプレゼンを聞けるシステムはうれしいですね。

Read More »
american-native-tribe
再審査
野口 剛史

CAFCも同意:先住民への特許譲渡でIPRを回避することはできない

CAFC は2018年7月20日、先住民は特許庁でおこなわれる IPR に対して連邦法における独立国家としてのステータス(sovereign status)を使うことはできないとしました。注目されていた Saint Regis Mohawk Tribe v. Mylan Pharmaceuticals Inc., において、 CAFC は IPR は行政機関による取締行為であり(agency enforcement action)、民事訴訟とは違うため、先住民に与えられている特権(tribal immunity)によって IPR を回避できないとしました。

Read More »