青空勉強会とバーベキュー

コロナ対策でセミナーや勉強会がやりにくくなったので、オンラインにシフトしているようですが、「一番楽しい」時間であるはずの勉強会後の飲み会がオンラインというのも少しがっかり。そこで青空の下、河川敷に集まって、知財の勉強会+バーベキューをやってみませんか?

3密なしの空間

河川敷などのバーベキューができるところに集まれば、野外なので喚起を気にする必要もないし、ソーシャルディスタンスも確保しやすいので、密な空間を回避することができます。特に週末に行っているような勉強会であれば、会議室ではなく、このような青空の下で勉強会をするのもアリだと思います。

しかし、野外なので会議室でやるようなパワポを見ながら進める堅苦しい知財勉強会は向いていません。主催者と発表者のクリエイティビティが問われますが、工夫次第で野外でも楽しんで学べる空間が作れると思います。

バーベキュー

個人的には勉強会に行く理由はその後の「飲み会」なので、これがあるか無いで勉強会に行くか行かないかを決めてしまっている自分がいます。アメリカの場合、コロナ前は弁護士事務所や弁護士団体が飲み会ありの勉強会を定期的に主催していたので積極的に行っていました。でも、今はそんなこともできず。いつ再開されるかもわかりません。

アメリカでも今回提案したようなことができますが、バーベキューができる場所は基本アルコール禁止なので、楽しみが半減してしまいます。

でも、日本だったら問題なし。今からの季節、野外でバーベキューというのも気持ちもいいと思います。

どうでしょう? やってみませんか?

まとめ

コロナの状況を逆手にとって、デジタルに行きつつあるものをリアルでやってみるというのも、意外にウケると思います。さすがに毎回ZoomやGoToWebinarなどパソコン画面を見ているだけの「学び」では飽きてしまうと思います。そこで、逆に実際に会って行う勉強会をするのです。そして、何よりも皆さんが楽しみにしている勉強会の後の飲み会。これをすることによって、今まで会えなかった勉強会メンバーと楽しい時間を持ち、それと同時にメンバー同士の結束を深めるというアイデアでした。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

design-blueprint
訴訟
野口 剛史

設計変更した製品をITCに提出することを忘れない

ITCは、Certain Network Devices, Related Software and Components Thereof (II), Commission Order, Inv. No. 337-TA-945 (June 26, 2018)において、すでに発行された救済命令に変更を加え、設計変更を施した製品はlimited exclusion order ( LEO )(限定的排除命令)とcease and desist order (CDO )(停止命令)に含まれないことを明記しました。

Read More »
Contract-signing
契約
野口 剛史

和解契約の内容次第で侵害訴訟を起こせなくなる可能性も

今回紹介する判例では、特許訴訟で和解した企業の事業を買収することで、同じ特許権者による特許侵害訴訟が回避されました。これは和解契約で広範囲なライセンス付与が行われたことが原因です。この判例を教訓にし、和解契約のリリース条項や特許ライセンス範囲は必要最低限にとどめ、将来的な知財訴訟を難しくするような条項は最小限にとどめておくことをおすすめします。

Read More »