オンライン対多数コンサルティング

情報のコモディティ化が進む中、今後求められるコンテンツは、コンテンツを消費する人達と一緒に作ることがカギになってくると考えています。そこで、同じ関心を持っているある程度の人数に対して同時にコンサルティングを行うのはどうでしょうか?

やり方

今回提案するオンライン対多数コンサルティングの方法は、以下のようなものです。

  • 質問のトピックをこちらで決めて事前に質問を(複数)してもらう。
  • 質問者(とトピックに関心のある人)が参加できるネット配信プラットフォームを用意する(ZoomやYouTube liveなど)
  • 1時間ほど質問された内容に関して回答・コンサルする

利点

  • オンラインなので同時に多くの人の相談相手になれる
  • 効率良く質問に答えられる
  • 動画なので、受け手に文章を読んでもらって理解してもらう必要がない
  • リアルタイム配信なので、受け手は追加質問や関連質問もでき、配信側はすぐに答えられる
  • 選ぶ配信プラットフォームによって参加者の制限ができる
  • 自分のスキルとコンサルしたい相手のかけ算で自由にトピックが設定できる
  • 話す内容や選択するプラットフォームに応じて課金もできる
  • 受け手と一緒にコンテンツを作ることができる

すでに似たようなサービスがある

オンライン対多数コンサルティングのコンセプトに似ているサービスもあるので、合わせて紹介します。

Peing質問箱ツイッターなどのSNSで質問を募集・回答できるサービス。これは文字でのコミュニケーションなので、ツイートされたらそこに回答する形になります。

Showroom主にアイドル系の人がライブ配信しているプラットフォームですが、ここではよくライブ配信に参加しているファンからの質問いアイドルがマッタリ答えています。

検索から質問に動画で回答: Googleが著名人を検索すると本人が登場し、よくある質問に動画で回答してくれるサービスをはじめたようです。誰でも使える訳ではありませんが、このサービスが普及していけば、一般でも使えるようになるかもしれません。

新しいアイデアは、新しもの好きの個人から始まって、徐々にビジネスでも使えるようなツールが出てきます。その流れを考えると応用次第では今回紹介したサービスのアイデアは十分ビジネスでも活用できるものだと思います。

どれもフォロワーが必要

今回紹介したオンライン対多数コンサルティングでも、似たようなサービスでも、そもそもこのようなコンテンツが成立するにはある程度のフォロアーさんというかファンが必要です。そうでないと質問されないので、このビジネスアイデアに興味がある場合は、まずは情報発信を頑張って自分の提供する情報に興味がある人達を集める必要があります。

しかし、今回紹介したアイデアもサービスも「個人」向けですよね。つまり、これは「企業」が同じことをやってもうまくいかない訳です。これからは個の発信力がどんどん強くなっていきます。今のうちにどれだけのフォロワーを集められるかが、今後のビジネスに大きく影響していくと思われます。

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

arrows-go-up
再審査
野口 剛史

Federal Circuit PTAB Appeal統計(2018年9月15日現在)

CAFCにおいてPTABから上訴された案件が是正されるのは4件中3件。PTABよる判決が一部棄却、無効になる案件は4件中1件。これが現在の統計データです。当然、個別案件がどう扱われるかは案件の事実や判決内容、手続き等によって変わりますが、統計的には上訴しても全体の75%の判決は変わらないことを覚えておくといいでしょう。

Read More »
fake-gun
商標
野口 剛史

特許庁による偽物標本の取り締まり

特許庁は、2018年3月、商標出願に関わる不正標本の取り締まりのためにパイロットプログラムを発表しました。このプログラムでは、一般の人がグラフィックソフトウェア等で編集された標本や偽造された標本を専用メールアドレスに報告することができます。アメリカでは、中国から大量の商標出願があり、その多くが基準を満たしていなかったり、違法性のあるもので、特許庁は対策に迫られていました。ルールの変更等も視野に入れていますが、今回の取り組みは、いつ終わるかわからないパイロットプログラムですが、すでに運用されていて、誰でも簡単に偽物標本を報告することができます。

Read More »