NPEから特許を買い訴訟を起こすNPEがいるアメリカ

NPE(またの名をパテント・トロール)に関する情報を多く提供するRPX社によると、Monument Peak Ventures, LLC (MPV) というNPEが、アクションカメラを生産・販売しているGoPro社やSZ DJI Technology社に権利行使をし、訴訟を起こしたとのことです。対象になっている特許は、MPVと提携のあるDominion Harbor Enterprises, LLC (DHE) がNPE大手のIntellectual Ventures LLC (IV)から買った旧コダック社の特許です。

過去2年間、Dominionと提携のある組織が、IVから受け取った特許を使い訴訟を起こし、IVから特許の追加取得を行なっています。2018年3月5日に、Dominionは、アメリカンエキスプレスが開発した1000にも及ぶ特許をIVから取得したことを発表。子会社のLiberty Peak Ventures LLC を使い、金融、小売、eコマースの分野で積極的にマーケティングを行い、収益化を見込むと発表しました。

RPX社の情報によると、Liberty Peak Venturesはテキサス州で設立され、 他の3つのDominionと提携のある組織 Vista Peak Ventures LLC (1,200 ものLCDに関わるNECから受け取った特許の収益化のための組織だと思われる; Principle Packaging LLC (食料品を扱うDel Monteが所有していた特許のキャンペーンを開始); Sovereign Peak Ventures, LLC (目的は不明)も同じテキサス州で設立されています。

コメント:

NPEは細分化されより専門的になってきて、企業や個人から特許を買ったりするだけではなく、NPEから特許を買い、その特許の権利行使を行うNPEもいる状態です。また、NPEも特許訴訟事務所と手を組んだり、特定のポートフォリオに特化した子会社を特許権者に有利だとされている地裁、Eastern District of Texasがあるテキサス州に設立するなど、NPEの活動は緻密で巧妙になってきています。

アメリカのNPEにターゲットにされやすい会社は、RPX社などが提供するこのようなNPEの業界の情報を事前に把握することで、自社へのリスクを測り、NPEにアプローチされる前から事前に対策を考える体制を整えておくといいでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:RPX Corp

https://www.lexology.com/library/detail.aspx?g=43b49c46-4890-49e1-975e-f83d31a8803f

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

stop-estoppel
訴訟
野口 剛史

デザイン特許におけるProsecution History Estoppelの適用

デザイン特許においてもProsecution History Estoppelが適用される場合がありますが適用基準がはっきりしない場合があります。今回、CAFCはAdvantek Marketing, Inc. v. Shanghai Walk-Long Tools Co.において、デサイン特許に対して地裁においてはProsecution History Estoppelが適用されましたが、CAFCで覆ったので、このケースを詳しく見ていきましょう。

Read More »
estopel
Uncategorized
野口 剛史

PTAB手続きによるcollateral estoppelのリスク

PTABの手続きにおいて、過去に同じ問題が争われている場合、collateral estoppelが適用されるか注意する必要があります。今回はCollateral estoppelが適用された判例を通して、どのような時にcollateral estoppelが適用されるか考察してみます。

Read More »