ITC337条調査ウェビナー(録画)

元ITCの行政判事(ALJ)Theodore Essex、Hogan Lovells法律事務所のCeline Crowson氏、元ITC Trial Lawyers Association PresidentのTony Pezzanoのパネルで行われたITC337条調査に関するウェビナーの録画版が以下のリンクから視聴できます。

https://event.on24.com/wcc/r/1577832/CE0B6C4D8D1F153E5F7CE4146B735992

このウェビナーでは、ITC337条調査の概要を説明するとともに、以下のトピックに関する議論が行われました。

  • Expected trends at the ITC over the next two years
  • The future of parties bringing SEP cases at the ITC
  • How easy is it for NPEs to use the ITC
  • Expected trends in life sciences related cases at the ITC
  • What do complainants, particularly first time complainants, to ITC cases need to consider
  • What do respondents, particularly first time respondents, to ITC cases need to consider
  • The interplay between parallel ITC, District Court and PTAB proceedings
  • The ITC public interest factors vs. district court eBay factors in obtaining injunctive relief
  • The 100 day early decision program at the ITC
  • What are the ITC settlement and mediation procedures

Open Legal Communityでも過去にITC調査についてウェビナーを行いました

(http://openlegalcommunity.com/itc_patent_investigation )がこのHogan Lovells法律事務所主催のウェビナーでは、また違った視点からITC調査について語られています。参考にしてみてください。

まとめ作成者:野口剛史

主催:Hogan Lovells法律事務所

ITC Section 337 Investigations Webinar – Recording

 

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

Do-not-enter-sign
再審査
野口 剛史

PTABがCAFCに上訴中のケースに関わるIPRを却下

PTAB は、Comtech Mobile Datacom Corp v. Vehicle IP, LLC, Case IPR2018-00531, Paper 9 (PTAB July 20, 2018)において、 CAFC に上訴中ケースにおけるクレーム解釈によって特許の有効性が大きく変わるとして、 PTAB に与えられている裁量権を使い IPR 手続きを却下しました。

Read More »
vision
その他
野口 剛史

あなたの会社の知財価値はいくら?

知的財産は、製品やサービスの保護、模倣品対策、収入や市場の拡大に仕えますが、あなたの会社はどのような知財を持っていて、どれくらいの価値があるかを知っていますか?今回は、知財価値を査定する方法を簡単に解説します。

Read More »