アメリカ知財情報サイト

ITC337条調査ウェビナー(録画)

元ITCの行政判事(ALJ)Theodore Essex、Hogan Lovells法律事務所のCeline Crowson氏、元ITC Trial Lawyers Association PresidentのTony Pezzanoのパネルで行われたITC337条調査に関するウェビナーの録画版が以下のリンクから視聴できます。

https://event.on24.com/wcc/r/1577832/CE0B6C4D8D1F153E5F7CE4146B735992

このウェビナーでは、ITC337条調査の概要を説明するとともに、以下のトピックに関する議論が行われました。

  • Expected trends at the ITC over the next two years
  • The future of parties bringing SEP cases at the ITC
  • How easy is it for NPEs to use the ITC
  • Expected trends in life sciences related cases at the ITC
  • What do complainants, particularly first time complainants, to ITC cases need to consider
  • What do respondents, particularly first time respondents, to ITC cases need to consider
  • The interplay between parallel ITC, District Court and PTAB proceedings
  • The ITC public interest factors vs. district court eBay factors in obtaining injunctive relief
  • The 100 day early decision program at the ITC
  • What are the ITC settlement and mediation procedures

Open Legal Communityでも過去にITC調査についてウェビナーを行いました

(http://openlegalcommunity.com/itc_patent_investigation )がこのHogan Lovells法律事務所主催のウェビナーでは、また違った視点からITC調査について語られています。参考にしてみてください。

まとめ作成者:野口剛史

主催:Hogan Lovells法律事務所

ITC Section 337 Investigations Webinar – Recording

 

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

次回ウェビナー

8月31日開催予定

FRUSTRATION FREE EMAIL COMMUNICATION

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

american-native-tribe
再審査
野口 剛史

CAFCも同意:先住民への特許譲渡でIPRを回避することはできない

CAFC は2018年7月20日、先住民は特許庁でおこなわれる IPR に対して連邦法における独立国家としてのステータス(sovereign status)を使うことはできないとしました。注目されていた Saint Regis Mohawk Tribe v. Mylan Pharmaceuticals Inc., において、 CAFC は IPR は行政機関による取締行為であり(agency enforcement action)、民事訴訟とは違うため、先住民に与えられている特権(tribal immunity)によって IPR を回避できないとしました。

Read More »