ITC337条調査ウェビナー(録画)

元ITCの行政判事(ALJ)Theodore Essex、Hogan Lovells法律事務所のCeline Crowson氏、元ITC Trial Lawyers Association PresidentのTony Pezzanoのパネルで行われたITC337条調査に関するウェビナーの録画版が以下のリンクから視聴できます。

https://event.on24.com/wcc/r/1577832/CE0B6C4D8D1F153E5F7CE4146B735992

このウェビナーでは、ITC337条調査の概要を説明するとともに、以下のトピックに関する議論が行われました。

  • Expected trends at the ITC over the next two years
  • The future of parties bringing SEP cases at the ITC
  • How easy is it for NPEs to use the ITC
  • Expected trends in life sciences related cases at the ITC
  • What do complainants, particularly first time complainants, to ITC cases need to consider
  • What do respondents, particularly first time respondents, to ITC cases need to consider
  • The interplay between parallel ITC, District Court and PTAB proceedings
  • The ITC public interest factors vs. district court eBay factors in obtaining injunctive relief
  • The 100 day early decision program at the ITC
  • What are the ITC settlement and mediation procedures

Open Legal Communityでも過去にITC調査についてウェビナーを行いました

(http://openlegalcommunity.com/itc_patent_investigation )がこのHogan Lovells法律事務所主催のウェビナーでは、また違った視点からITC調査について語られています。参考にしてみてください。

まとめ作成者:野口剛史

主催:Hogan Lovells法律事務所

ITC Section 337 Investigations Webinar – Recording

 

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

money
契約
野口 剛史

特許の収益化 (OLC独占記事)

特許には必ず何らかの価値があり、特許を収益化できれば、新しい収入源になります。しかし、特許の収益化は簡単ではありません。 実際のプロセスは非常に複雑で、リソースを必要とします。 しかし、今後COVID-19ウイルスの影響が経済に与える影響を考えると特許の収益化は検討する価値があります。 また、創造的な思考と計画をもちいれば、少ないリソースを最大限に活用することができます。

Read More »
再審査
野口 剛史

組み合わせの動機のない自明性

通常、特許庁が特許法103における自明性において特許出願を却下する場合、審査官は先行例文献の組み合わせの動機(motivation to combine)を示す必要性があります。しかし、Realtime Data, LLC v. Iancuにおいて、特定のケースの場合、そのような組み合わせの動機を示す必要はないとしました。

Read More »