ITCコミッショナーは細かなところまで見ている

ITCによる337条調査が特許侵害に対して行われる場合、行政判事(Administrative law judge, ALJ)が仮決定(Initial determination)を行い、その結果と理由をITCコミッションが再審議します。同じITCという組織の中のレビュープロセスですが、ITCコミッショナーは必ずしも行政判事の判断や分析を鵜呑みにするのではなく、時にとても技術的な点に関しても独自の判断で再審議を行う場合があります。

今回紹介するIn re Certain Single-Molecule Nucleic Acid Sequencing Systems and Reagents, Consumables, and Software for use with Same, Inv. 337-TA-1032では、ALJの仮決定は最終的にITCコミッショナーにより承認されましたが、クレームの解釈の部分でITCコミッションからの指摘がありました。

経緯:

このITC調査は、Pacific Biosciences of California (“PacBio”) がOxford Nanopore Technologies Ltd.; Oxford Nanopore Technologies, Inc. and Metrichor, Ltd. (collectively “Oxford Nanopore”) が自社の”single-molecule sequencing”に関わる特許を侵害しているという申し立ての元、始まりました。ここでは詳しくは話しませんが、“single-molecule sequencing”にはいくつかの方法があるらしく、PacBioの”single-molecule sequencing”の方法が、Oxford Nanoporeの”single-molecule sequencing”の方法と一致するものなのかが焦点になりました。

ALJのPender判事は、クレームに使われていた用語“single-molecule sequencing”をOxford Nanoporeが採用している方法とは異なるtemplate-dependent synthesisの方法に限定されると解釈しました。判事は、明細書の開示(“The present invention is generally directed to improve[ments] . . . for carrying out nucleic acid sequence analysis, and particularly sequence analysis that employs template dependent synthesis in identifying the nucleotide sequence of target nucleic acids.”)に注目、また、特許がtemplate dependent synthesis以外の方法について開示していないことを指摘し、特許で使用されている“single-molecule sequencing”という用語は、template dependent synthesisの方法に限定されるとしました。

Oxford Nanoporeは同じ”single-molecule sequencing”でも、別のnanopore sequencingという方法を使っていたので、Pender判事は非侵害の仮決定を行いました。これを不服に思い、PacBioはITCコミッショナーに再審議を申し立てました。

ITCコミッショナーは最終的にPender判事の非侵害という仮決定を支持しましたが、Pender判事のクレーム解釈に異議を唱えました。ITCコミッショナーは、審査履歴(prosecution history)において“Single-molecule sequencing includes, for example, . . . nanopore sequencing,”という記述があったことに注目。通常、クレーム解釈の時に本質的証拠(intrinsic evidence)として扱われるべき審査履歴(prosecution history)をPender判事が重要視していなかったことを指摘し、そのことは間違えだったとしました。しかし、明細書を考慮した時に、発明が“template dependent synthesis”に関係していることは明白であるので、クレーム解釈の結果には変更はありませんでした。

教訓:

この事件では、ITCコミッショナーによって侵害・非侵害の認定やクレームの解釈自体は変わりませんでしたが、ALJの分析に厳しい指摘がありました。ITCコミッションはALJの仮決定をde novoという高裁が地裁の法律的な問題を再審議する時と同じ基準(つまり、ALJの判決や分析が正しいとは考えない)で公平な立場で再審議を行います。つまり、ALJが自社に有利な仮決定を下したからと言って、ITCコミッショナーがそれを自動的に承認するわけではないので、ITCによる337条調査はITCコミッショナーによる最終決定(Final determination)まで目は離せません。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Daniel Kazhdan Ph.D. and David M. Maiorana. Jones Day

The Commission Doesn’t Rubber Stamp Even Highly Technical Claim Constructions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。