IPR EstoppelがITCによる特許侵害調査に与える影響

米ITC委員会は、2017年、  Certain Hybrid Electric Vehicles And Components Thereof, Inv. No. 337-TA-1042, Notice (Dec. 8, 2017) において、inter partes review (IPR)手続きですでに提示した(また提示すべきであった)特許無効に関する主張は、ITCでは再度主張できないとした。

 

ITCによる特許侵害調査 − 通常の連邦裁判所における特許訴訟の他に、アメリカに輸入されているものについては、関税法 337 条に基づいて、特許権者は、米国国際貿易委員会(ITC)に特許侵害の提訴(調査の申し立て)ができる。ITCは、地裁との類似点はあるが、調査期間がとても短く、救済措置は排除命令(Exclusion Order)のみと大きく異なる点もあるので、注意が必要。

 

Inter partes review(略してIPR)— アメリカ特許庁(USPTO)の審判部(Patent Trial and Appeal Board: PTAB)における第三者が申し立てできる特許無効手続の1つ。

 

IPR Estoppelとは、特許法35 U.S.C. § 315(e)(2)に明記されていて、IPRの最終判決が下った場合、IPRの申立人はIPR手続きにおいてすでに提示した(また提示すべきであった)特許無効に関する主張を再度(ITCも含む)民事訴訟で主張できないというルール。

 

今回のITC調査は、Paice LLC と Abell Foundation, Inc.がFord Motorに対して行なった。しかし、このITC調査以前に、Fordは対象特許に対してIPRを行なっており、PTABは複数のクレームには特許性がないと判断した。その後、PTABでの判決は上訴され、Court of Appeals for the Federal Circuit(略してCAFC、アメリカ連邦巡回区控訴裁判所)は一部のクレームに関してPTABの判決を無効にし、PTABに差し戻した。また、IPRで対象とされた残りのクレームはITC調査と並行して、CAFCに上訴され、手続きが進んでいる。

 

米ITC委員会は、特許法35 U.S.C. § 315(e)(2)は今回のようなCAFCに上訴されている状況下においても適用されると判断し、IPR手続きですでに提示した(また提示すべきであった)特許無効に関する主張は、ITCでは再度主張できないとした。

 

今回のITC委員会の判断は、PTABにおいてクレームの無効に成功した主張であってもITC調査の際には考慮しないまま、関税法 337 条に関する違反を判断するという、ITC調査を申し込む特許権者に有利なものになった。

 

関税法 337 条違反となった場合、ITCによる排除命令が保留されることはほぼない。つまり今回のように、IPR上訴がITC調査と平行している場合、IPR上訴が行われている間、排除命令が施行されてしまうということがありえる。

 

ITCの調査対象になりそうな企業が対象特許のIPR手続きを行うタイミングを考える上で、この判決は重要な判例となるだろう。

 

まとめ作成者:野口剛史

 

元記事著者:Jones Day’s ITC Team. Jones Day

http://jonesdayitcblog.com/ipr-estoppel/

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

drugs
特許出願
野口 剛史

カナダにおける新しい特許期限延長システム(医薬品限定)

カナダでヨーロッパとの通商条約に伴い、新たな特許延長システムがはじまりました。これは医薬品の開発時間と行政の認証にかかる時間の一部を補う目的で作られました。ヨーロッパの仕組みと似ていますが、いくつか違いもあり、特に、延長期間が最大で2年までとされている点が大きな違いです。

Read More »
stop-estoppel
再審査
野口 剛史

1つの特許に対して複数のIPRを行う際のestoppelリスク

IPR は訴訟に比べて安価にすばやく特許の再審査ができ、特許を無効にするために有効なツールの一つですが、同じ特許に対して複数の IPR 手続きを行う場合、2つ目以降の手続きに関して estoppel が適用され、重複するクレームが審議されなかったり、特定の主張が考慮されない場合があります。

Read More »