知財動画コンテンツビジネス

最近は日本でも知財動画コンテンツが増えてきました。それはうれしいことなのですが、これから先を考えて、ちゃんと対価が取れるコンテンツの開発とそれを支えるプラットフォームについて考えてみました。

注目している日本の知財動画コンテンツ

友達でもあるマクスウェル国際特許事務所パートナーの加島広基先生が毎週YouTubeで知財実務オンラインというコンテンツを配信しているし、知財情報コンサルタントの野崎さんもYouTubeでスキルアップのための情報を配信中です。

コンテンツでの成功モデルはDaiGoモデル

このように知財業界でもクオリティの高い動画コンテンツを配信していく動きはうれしいのですが、正直、適切な対価が支払われるようになれば、もっと参入するところが増えてきてクオリティの高いコンテンツが作れると思っています。

そこで、すでに成功しているDaiGoさんのやり方を考察してみましょう。DaiGoさんのYouTubeメインチャンネルは214万人ものフォロアーがいます。しかし、もっとすごいのはニコニコチャンネルの月額有料会員数でDaiGoさんが1位で月額有料会員数8万人。このプレスリリースは1年以上前なので、有料会員数はもっと伸びていると思います。

つまり、DaiGoさんはYouTubeの広告依存型の収益ではなく、コンテンツ自体に価値を見いだしてくれる人をYouTubeのフォロアーからニコニコに誘導して安定した収入源を確立しています。

これは、DropboxやEvernoteなどにも使われている無料と有料を合わせたFreemiumビジネスモデルですね。DaiGoさんは無料動画(YouTube)+有料動画(ニコニコ)でこのビジネスモデルを活用しています。

アメリカでも一部ビジネス系(知識系)YouTuberも同じようなサービスを展開しています(https://watchnebula.com/ とか https://curiositystream.com/)。

知財動画コンテンツビジネス

知財コンテンツでもこのFreemiumビジネスモデルを活用して、無料コンテンツで人を集め、より深掘りしたコンテンツには対価を払ってもらうシステムがコンテンツを作る方にも、また、消費する方にも健全でサステイナブルな形だと思います。

理想としては、複数のコンテンツクリエーターに協力してもらい、有料サイトはサブスクリプション型にして、人気に応じて還元するシステムを確立するのもいいかも。

有料サイトで稼いだお金は、話はうまいが動画に弱い人のために動画編集のサービス提供や、英語や他言語のコンテンツも日本語化できるローカライゼーションなどに使うのもいいですね。

人気講師の弁護士の方には有料サイトををマーケティングチャンネルとして活用してもらい、生放送やQ&Aもできるようにしてエンゲージメントを増やすこともできると思います。

TLCの「実験室」としての役割

とは言っても、動画コンテンツを作るのは大変です。そして、YouTubeで人を引き寄せるのも大変。そして、まだコンテンツの正解がわからないまま、いきなりYouTubeで動画配信を始めても試行錯誤をしている内に挫折しそう。また、成功例がないので、他の知財コンテンツクリエーターさんの協力を得るのも難しいと思います。

そこで、TLCが重要な役割を果たしてきます。

YouTubeなどのオープンなプラットフォームでアイデアを検証するには多くの時間がかかるので、動画コンテンツの開発をTLC内で行うのです。

TLCにはすでに知財プロフェッショナルさんが集まっているので、その中でどんなネタが受けるか、どんな見せ方がいいのか、Freeと有料の境目はどこで切るのかなどをメンバー対象に実験して、ノウハウを確立し、コミュニティ内でアイデアが実証されてから、外の世界に持っていけばいいのです。

このように内々のコミュニティで実験することで素早くほしいフィードバックが得られるので、検証がものすごい早さでできます。そして、YouTubeにアップする時にはすでに「面白い」動画にするコツがわかっているので、量産して一気に注目を集めればいいのです。

TLCはアメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる今までにない新しい会員制コミュニティです。

しかし、専門コミュニティという特製を活かして、このような新しいビジネスアイデアの検証にも積極的に使っていく予定です。もちろん、メンバーになれば、このプロジェクトに参加することも可能です。

現在第一期メンバーを募集中です。詳細は以下の特設サイトに書かれているので、よかったら一度見てみて下さい。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

statistics-stack-of-documents
訴訟
野口 剛史

機密情報の過剰指定は原告の保護を損ねる

特許訴訟では技術面でも財務面でもとても秘匿性の高い情報を裁判所で扱います。そのため機密情報の保護は大事なのですが、行き過ぎた要求をすると、本来は保護されるべき情報も公開されてしまうので、気をつけましょう。

Read More »
money-saving-incentive
特許出願
野口 剛史

2018年、知財管理トレンド調査

半数以上の会社や組織でR&Dへの投資が上昇。半数以上の会社や組織で過去3年間の間に特許出願が増加。このような環境の中で、 コスト削減、効率化、作業にともなうリスクの削減が求められていて、大きな課題になっている。

Read More »
computer-code
Uncategorized
野口 剛史

AIを使った知財教育

AIは様々なところで使われ始めていますが、知財教育にも応用できないかと思っています。例えば、知財部員の研修などに取り入れたらより実践に近い研修ができるのではないでしょうか?

Read More »