アメリカ知財情報サイト

Global 100 Innovatorsの品格

2018年2月の初め、 Clarivate Analytics 社による2017年Global 100 Innovatorsの発表があった。Clarivate Analytics 社のマーケティング担当者Bob Stembridge氏がどのようにGlobal 100 Innovatorsが選ばれたのか、どのような弁護士事務所を使っているのかなどを説明した。

量より質:

トップ100社の出願数は過去5年と比較して2.4%の微増。同じ期間に出願数全体では、11.6%(トップ100社を除く)の増加。

しかし、トップ100社の特許成立案件を見ると、過去5年と比較して5.7%増加し、全体の特許成立案件の3.4%増を大きく超える数字をトップ100社は出している。

また、トップ100社は、発明に関する特許権をより広い範囲で得ている。それは、質の高い明細書を作成したり、出願前の十分な調査や、審査期間中に発明の価値をより明確に示すなどの努力がこのような数字に反映されているのかも知れない。

特許として権利化される率が高ければ、より質の高い発明がその会社でなされていると考えられるので、権利化率はGlobal 100 Innovatorsとして選ばれるための1つの重要な指標。

国際的であること:

トップ100社は質にこだわるだけでなく、国際的な発明の商業化を狙っている。特に世界的に重要な発明に関する出願は、多くの国で行われることが多い。

特に、グローバルマーケットで重要な地域(アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国)での出願は、その会社における発明の価値と重要性を示している。

2017年トップ100社の国際指標は、去年に比べ、3.7%増。この数字は、国際平均の5.3 倍という驚異的な数字だ。

被引用数:

より引用されている特許や文献がより影響のある重要な技術・発明だとすると、引用された数を見ることも重要になってくる。被引用数(引用された回数)を調べることによって、その被引用文献の重要性がわかる。この点においてもトップ100社は群を抜いている。

トップ100社は、この被引用数を前年と比較すると2.8%増(自社の引用を除く)。この数字から、トップ100社は、業界全体に大きな影響を与えていることがわかる。

発明の拠点はアジアへ:

2017年トップ100社の主な発明拠点は日本とアメリカで、トップ100社の75%を占めている。85%の 2017年トップ100社は2016年トップ100社であり、2017年はじめてトップ100入りした会社は6社である。

トップ100社の内45社がアジア系で、前年比15%増。会社例:Honda, Komatsu, Samsung, Toyotaは常連。 Fuji Electric, Hon Haiや Nichiaなどが初。北アメリカが2番めで、36社。会社例:Apple, Abbott Laboratories, Boeing, Microsoftは常連。 Facebook, Molex や Western Digitalは初。

一貫性:

2017年トップ100社の内、38社はこのランキングが始まった7年前からトップ100にランクインしている。このような会社は、一貫してすばらしい成績を収めている。会社の例: 3M, Boeing, DuPont, Hitachi, Panasonic, Sony, Intelなど。

弁護士事務所:

今年から、このようなトップ企業をサポートする弁護士事務所の重要性を考慮し、トップ100社をサポートするTop 25 弁護士事務所をランキングした。

コメント:

2017年Global 100 Innovatorsに関する詳しいレポートはここから見ることができます。http://top100innovators.clarivate.com/

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Joff Wild. IAM

http://www.iam-media.com/Blog/Detail.aspx?g=2286d33f-9d36-4a49-b25f-0953ae4998f3

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

次回ウェビナー

8月31日開催予定

FRUSTRATION FREE EMAIL COMMUNICATION

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

speech-presentation
再審査
野口 剛史

裁判官直伝の実務アドバイス(口頭弁論編)

IPR などの PTAB での手続きで口頭弁論がある場合、当事者として口頭弁論を聞くことがあると思います。しかし、このような判事の評価ポイントを知らないと、口頭弁論を聞いても、判事の印象を正確に判断できません。ここでは口頭弁論における印象を正確に把握するための5つのポイントを紹介します。

Read More »