PTAB Appeal統計(2018年5月15日現在)

2018年5月15日現在、 CAFC は PTAB による IPR や CBM 手続きの上訴364 件を扱ってきました。 CAFC が PTAB の判決を支持した案件は276 件で全体の75.82%にあたります。棄却、無効になった案件は41 件で全体の11.26%。 その間の結果(つまり少なくとも1つの問題に対しては PTAB の判決を支持したが、すくなくとも1つの問題に対して棄却・無効になった)は、34 件で全体の9.34%でした。

CAFC は約13 件(3.57%) の上訴を棄却。これは、 CAFC が管轄を持っていないと判断した件や、和解などが原因で棄却になったものが多いとのことです。

最高裁判決 Cuozzo Speed Techs., LLC v. Leeにより、 CAFC は 35 U.S.C. § 314(d) のInstitution decisionに関わるいくつかの点については再審議できません。しかし、 CAFC の en banc 判決Wi-Fi One, LLC v. Broadcom Corpにおいて、 35 U.S.C. § 315(b)IPR Time bar(期限切れ)についての問題はCAFCで再審議できるものだと判断されていて、最高裁のSAS判決に関する上訴も多く、今後は PTAB から CAFC への上訴が増えそうです。

このように大量の上訴をこなすのに、 CAFC は PTAB からの上訴に対してRule 36 affirmanceを多様しているとのことです。このRule 36 affirmanceは、詳しい判決文を書かずに PTAB の判決を支持するもので、169 件 (46.43%) に適用されました。

IPR からの上訴に対して、 CAFC が PTAB の判決すべてを支持した案件は、251 件 (75.60%)に登り、すべての判決を棄却、無効にした案件は39 件(11.75%) 、その間の結果が32 件 (9.64%)で、上訴の破棄が10 件 (3.01%) でした。

CBM からの上訴に対して、 CAFC が PTAB の判決すべてを支持した案件は、25 件(78.13%) に登り、すべての判決を棄却、無効にした案件は2 件(6.25%) 、その間の結果が3 件(9.38%)で、上訴の破棄が2 件(6.25%) でした。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:David C. Seastrunk, Daniel F. Klodowski, Elliot C. Cook and Jason E. Stach. Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

contract-signing
契約
野口 剛史

AIA再審査を回避する契約書の書き方

通常特許の権利行使を受けた際、IPRやPGRといったシステムを使って特許庁(PTAB)で問題の特許の再審査を行うことができます。しかし、ライセンス契約等でそのようなPTABにおける再審査を受ける権利を放棄することは可能なのでしょうか?

Read More »
creminal-theft-of-trade-secret
特許出願
野口 剛史

USPTOにおけるDOCX出願における提案

現在はUSPTOに出願する際、MicrosoftのWordフォーマットであるDOCXフォーマットでも、PDFでも出願が可能です。しかし、USPTOではDOCXフォーマット以外の出願に$400の追徴金を請求するような動きがあるようです。今回は、USPTOによるDOCX出願がどのように行われるべきか面白い提案があったので紹介します。

Read More »