PTAB Appeal統計(2018年5月15日現在)

2018年5月15日現在、 CAFCPTAB による IPRCBM 手続きの上訴364 件を扱ってきました。 CAFCPTAB の判決を支持した案件は276 件で全体の75.82%にあたります。棄却、無効になった案件は41 件で全体の11.26%。 その間の結果(つまり少なくとも1つの問題に対しては PTAB の判決を支持したが、すくなくとも1つの問題に対して棄却・無効になった)は、34 件で全体の9.34%でした。

CAFC は約13 件(3.57%) の上訴を棄却。これは、 CAFC が管轄を持っていないと判断した件や、和解などが原因で棄却になったものが多いとのことです。

最高裁判決 Cuozzo Speed Techs., LLC v. Leeにより、 CAFC35 U.S.C. § 314(d) のInstitution decisionに関わるいくつかの点については再審議できません。しかし、 CAFCen banc 判決Wi-Fi One, LLC v. Broadcom Corpにおいて、 35 U.S.C. § 315(b)IPR Time bar(期限切れ)についての問題はCAFCで再審議できるものだと判断されていて、最高裁のSAS判決に関する上訴も多く、今後は PTAB から CAFC への上訴が増えそうです。

このように大量の上訴をこなすのに、 CAFCPTAB からの上訴に対してRule 36 affirmanceを多様しているとのことです。このRule 36 affirmanceは、詳しい判決文を書かずに PTAB の判決を支持するもので、169 件 (46.43%) に適用されました。

IPR からの上訴に対して、 CAFCPTAB の判決すべてを支持した案件は、251 件 (75.60%)に登り、すべての判決を棄却、無効にした案件は39 件(11.75%) 、その間の結果が32 件 (9.64%)で、上訴の破棄が10 件 (3.01%) でした。

CBM からの上訴に対して、 CAFCPTAB の判決すべてを支持した案件は、25 件(78.13%) に登り、すべての判決を棄却、無効にした案件は2 件(6.25%) 、その間の結果が3 件(9.38%)で、上訴の破棄が2 件(6.25%) でした。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:David C. Seastrunk, Daniel F. Klodowski, Elliot C. Cook and Jason E. Stach. Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

screaming child
特許出願
野口 剛史

意図しない公開を避けるためのヒント(どのようなものが「公開」なのか?)

一般公開は特許の権利化を妨げる大きな要因の1つです。一般公開のリスクをなくすには、特許出願の前にクレームされる発明に関する内容を第三者と話さなければいいのですが、そのような方法は現実的でない場合も多くあります。どのようなものが「公開」として扱われるのか、裁判所が一般公開を審議する際にどのような点に注目するのかを知れば、必然と出願前の発明をどのように扱えばいいのか見えてきます。

Read More »
book-flipping
訴訟
野口 剛史

ITCにおける新しいルールが2018年6月7日から有効に

100日間手続きの追加、調査の複数手続き、召喚令状への抗議、電子化などのITC手続きのさらなる効率化、合理化を目的としたルール改正が2018年6月7日から開始される(Institute)すべてのITC調査に適用されます。特に、100日間手続きでは、比較的簡単に解決できる問題に対し調査開始から100日以内に結論が出せるようになります。

Read More »