特許庁におけるデザイン特許の訴訟統計(2018年4月16日まで)

統計データによると、IPRもPRGも共に、2016年に急上昇しピークを迎え、それから2016年以前よりも増えたものの、数が減少しています。

 

調査開始確立

 

特許庁によるデザイン特許の調査開始確率(institution rate)は41%です。通常の特許を含めた手続き全体で見ると、調査開始確率は68%なので、デザイン特許になると調査が開始されないことの方が多いようです。

 

デザイン特許の審査が申し込まれる技術分野を見ると、靴などのfootwearが最多で15件、続いて家庭用品で11件でした。

 

元記事には、各種グラフやチャートが記載されているので、参考にしてみてください。

 

まとめ作成者:野口剛史

 

元記事著者:Mark W. Rygiel and Patrick T. Murray. Sterne Kessler Goldstein & Fox PLLC

http://e.sternekessler.com/cv/307c5d9fb118087980626f495a04701d6d86fd05/p=3900591

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

stop-estoppel
再審査
野口 剛史

1つの特許に対して複数のIPRを行う際のestoppelリスク

IPR は訴訟に比べて安価にすばやく特許の再審査ができ、特許を無効にするために有効なツールの一つですが、同じ特許に対して複数の IPR 手続きを行う場合、2つ目以降の手続きに関して estoppel が適用され、重複するクレームが審議されなかったり、特定の主張が考慮されない場合があります。

Read More »