PTAB手続きによるcollateral estoppelのリスク

ハイライト

PTABの手続きにおいて、同じ特許権者で、同じ用語が同じように明細書とクレームで使われている場合、collateral estoppelという考え方により新しい用語の解釈は行わず、以前に行われた用語解釈が適用される可能性があります。

Collateral estoppelが適用された判例

2018年3月 Nestlé USA, Inc. v. Steuben Foods, Inc., 2017-1193 (Fed. Cir. Mar. 13, 2018)において、CAFCは、過去のPTAB手続きにおいてすでに解決した問題に対して、collateral estoppelが適用され、解決された問題に対して議論を再開させないことがあることを述べました。

今回、CAFCで問題になった点は、異なる手続きでCAFCが解釈した用語に対して、PTABが違った解釈をできるかというものです。

ここで問題になった用語“aseptic”は、一年前の訴訟でも問題になっており、その際CAFCでは“aseptic” を “FDA level of aseptic” と解釈しました。Nestlé USA, Inc. v. Steuben Foods, Inc., 2016-1750 (Fed. Cir. May 9, 2017).

前回のCAFCにおける解釈を受け、CAFCは、今回の案件にcollateral estoppelが適用されるとしました。CAFCは、用語が今回の対象特許でも同じように使われていること、 さらに、前回と今回は異なる特許だが、用語の定義が同一だったことと、特許権者が同じだったことを重視し、特許権者の Steuben Foods が前回の手続きで十分に問題用語の定義について主張できる機会が与えたれていたことを考慮しました。

今回は同じ用語が焦点になりまいたが、CAFCは、collateral estoppelが適用されるには、必ずしも同じ用語である必要はないと強調しました。そうではなく、法廷で争われた問題の固有性によってcollateral estoppelが適用されるべきかが決まるとしました。

最後に

この事件は、同じ問題が同じ基準の元ですでに解決されている場合、collateral estoppelが適用され、PTABは以前の決定に従わなければいけないことを示唆しています。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Rich Graham. Jones Day

Stop What You Are Doing: Collateral Estoppel At The PTAB

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。