著作権で守られた情報のクラウドバックアックは著作権侵害になるのか

Flava Works, Inc. v. Gunter d/b/a myVidster.com, et al., No. 17 C 1171, Slip Op. (N.D. Ill. Jan. 30, 2018) (Gettleman, J.).において、Gettleman判事は、被告(まとめてmyVidster.com)による申立人の特許権侵害主張を取り下げる12(b)(6) motionの一部を許可した。

この事件は、原告Flava Worksが著作権を有するアダルトエンターテイメントサイト、動画、その他の製品を、被告myVidster.comが提供する有料ウェブサイト内でコレクションできるようにしたことで、被告myVidster.comが原告Flava Worksが著作権を侵害しているという訴えを起こしました。

この事件で、裁判所は以下の事柄について判決を下しました。

原告は、正当な著作権侵害のクレームを持っている可能性があること。訴訟の前半で、裁判所は、侵害者は、ウェブサイトにビデオをアップロードしたmyVidster.comのユーザーであって、サイトを運営している被告myVidster.comではないとしました。しかし、アップロードされたビデオをクラウドでバックアップすることで、被告myVidster.comは、別の著作権を侵害しているビデオを作ることで、原告の著作権を侵害していると主張。もしそのクラウドバックアップが証明されれば、原告は、被告myVidster.comに対して有効な著作権侵害に対するクレームを持つことができると判決しました。

この裁判所は、以前著作権を侵害しているビデオへのブックマークでは寄与侵害(contributory infringement)にはならないとしましたが、すでにアップロードされた著作権を侵害しているビデオのダウンロードは、寄与侵害(contributory infringement)にあたる可能性があると示唆しました。

申立書では、被告myVidster.comが侵害行動から利益を上げたような記載はなかったので、被告myVidster.comに対する代位著作権侵害(vicarious copyright infringement)はない。

さらに、裁判所は、原告が実際の侵害行動を特定せず、代位責任(vicarious liability)には、その元となる侵害行為が必要なので、原告による誘因クレーム(inducement claims)を却下。

この著作権侵害事件を見ると、原告の著作権侵害の主張は全く不完全なものでした。被告myVidster.comの侵害行動を具体的に明らかにせず、さらに、被告myVidster.comがそのような違法行為から商業的な利益を上げているという情報や主張も全くなされていなかった。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:R David Donoghue. Holland & Knight LLP

Cloud Back Up of Copyrighted Material May be Infringing Act

 

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

screen with metrics
ビジネスアイデア
野口 剛史

知財ウェビナーの自由価格化

最近は新型コロナウイルスの影響でウェビナーを行うところも増えてきましたね。面白そうなトピックもありますが、ウェビナーは最低でも1時間かかるし、ライブ参加が求められると、参加者の時間の取り合いが起こります。そこで一目で質の高いウェビナーだとアピールする方法はないか考えてみました。

Read More »
再審査
野口 剛史

PTOがガイドラインを発行: 出願人が認めた先行技術はIPRの基礎にはならない

明細書内の背景の説明などで出願人が特定の事柄を先行技術として認めることがあります。今回のガイドラインでそれ自体はIPRにおける特許のチャレンジのベースにはならないことは明確になったのですが、自明性の主張の際に、出願人が認めた先行技術が特許権者に不利な形で活用される場合があるので、出願時に先行技術についての説明は必要最低限にとどめるべきでしょう。

Read More »