著作権で守られた情報のクラウドバックアックは著作権侵害になるのか

Flava Works, Inc. v. Gunter d/b/a myVidster.com, et al., No. 17 C 1171, Slip Op. (N.D. Ill. Jan. 30, 2018) (Gettleman, J.).において、Gettleman判事は、被告(まとめてmyVidster.com)による申立人の特許権侵害主張を取り下げる12(b)(6) motionの一部を許可した。

この事件は、原告Flava Worksが著作権を有するアダルトエンターテイメントサイト、動画、その他の製品を、被告myVidster.comが提供する有料ウェブサイト内でコレクションできるようにしたことで、被告myVidster.comが原告Flava Worksが著作権を侵害しているという訴えを起こしました。

この事件で、裁判所は以下の事柄について判決を下しました。

原告は、正当な著作権侵害のクレームを持っている可能性があること。訴訟の前半で、裁判所は、侵害者は、ウェブサイトにビデオをアップロードしたmyVidster.comのユーザーであって、サイトを運営している被告myVidster.comではないとしました。しかし、アップロードされたビデオをクラウドでバックアップすることで、被告myVidster.comは、別の著作権を侵害しているビデオを作ることで、原告の著作権を侵害していると主張。もしそのクラウドバックアップが証明されれば、原告は、被告myVidster.comに対して有効な著作権侵害に対するクレームを持つことができると判決しました。

この裁判所は、以前著作権を侵害しているビデオへのブックマークでは寄与侵害(contributory infringement)にはならないとしましたが、すでにアップロードされた著作権を侵害しているビデオのダウンロードは、寄与侵害(contributory infringement)にあたる可能性があると示唆しました。

申立書では、被告myVidster.comが侵害行動から利益を上げたような記載はなかったので、被告myVidster.comに対する代位著作権侵害(vicarious copyright infringement)はない。

さらに、裁判所は、原告が実際の侵害行動を特定せず、代位責任(vicarious liability)には、その元となる侵害行為が必要なので、原告による誘因クレーム(inducement claims)を却下。

この著作権侵害事件を見ると、原告の著作権侵害の主張は全く不完全なものでした。被告myVidster.comの侵害行動を具体的に明らかにせず、さらに、被告myVidster.comがそのような違法行為から商業的な利益を上げているという情報や主張も全くなされていなかった。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:R David Donoghue. Holland & Knight LLP

Cloud Back Up of Copyrighted Material May be Infringing Act

 

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

contract-signing
訴訟
野口 剛史

裁判地の選択に関わる条項はITCでは行使しないほうがいい

通常の契約では、forum selection clause(裁判地の選択に関わる条項)という契約に関わる法律的な問題が発生した場合の裁判地(Forum)を事前に決めておく場合があります。Forum selection clauseは、法律的な問題が起こったときに、当事者同士がお互いに都合のいい裁判地で訴訟を起こし、後になって手続きの面で対立することを防ぐ目的があります。しかし、今回注目する判決では、ITC調査において、そのような契約上の裁判地の選択に関わる条項は適用されない場合があることを示しました。

Read More »
supreme-court
特許出願
野口 剛史

最高裁判決:AIAにおいて機密販売は先行技術とみなされる

Pre-AIAとPost-AIAの記述が全く同じでなかったことをきっかけに、Post-AIAでは機密販売は先行技術としてみなされないのではとAIA施行直後から言われていました、しかし、今回の判決で機密販売の基準は変わらず、Pre-AIAと同様にPost-AIAでも機密販売は先行技術とみなされることが明確になりました。

Read More »