今年3件目となる中国による知財搾取の疑い

DRAM関連の機密情報搾取の疑いHuaweiによる企業機密搾取の疑いに続き、中国によるCoca-Colaの機密情報搾取の疑いがかけられています。

2019年2月14日、アメリカ司法省はCoca-Colaの元研究員などをソーダ缶などに使われるBPA-freeコーティングに関する企業機密搾取の疑いで起訴しました。その他の疑いも含めて総額$120 millionにも及ぶ疑いがかけられています。

Coca-Colaの元研究員はCoca-ColaのBPA-freeコーティングの情報を知る数少ない人材でありながら、中国の共犯者と共にBPA-freeコーティングに関する企業機密情報を搾取し、中国の会社の利益になるように働いた疑惑が持たれています。申し立てによると、この元研究員には搾取の見返りに、侵害者の所有権の一部が与えられたり、賞が与えられたりしたとのことでした。

まとめ

今年に入って中国による知財搾取の疑いで起訴された案件は、この案件で3件に及びます。まだ2月末なので、この数は驚異的です。トランプ政権は今後も中国に対して厳しい姿勢を取っていくことが考えられるので、今後もこのような事件は多くなっていくと思われます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Steven Grimes, Shannon T. Murphy and Katlyn E. DeBoer. Winston & Strawn LLP(元記事を見る



ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

訴訟の対抗策としてのIPRであっても任意性があるため弁護士費用は認められない

連邦地方裁判所は、訴訟の被告が当事者間審査手続(IPR)において問題となった特許の無効化に成功した場合であっても、35 U.S.C. § 285に基づく弁護士費用を受けられないということを示しました。裁判所は、IPRは被告人侵害者が自発的に開始したものであるため、IPRに関する作業は、§285の目的である特許侵害「事件」ではないと説明ました。

Read More »
Uncategorized
野口 剛史

知財系イベント企画

知財にいる方はどちらかと言うとすでにある決まった業務内容をこなすことが多いと思いますが、新しいことをやるには企画書的なものが必要になってくるかもしれません。今回は、今関わっている知財系イベントの企画を通して学んだことや思っていることをリアルタイムでシェアーします。

Read More »
twitter
その他
野口 剛史

匿名の著作権侵害者の正体を暴くのは大変?DMCA、憲法修正第1条、フェアユースが複雑に関わる手続き

インターネットサービスプロバイダ(ISP)は、必ず匿名の著作権侵害者の身元を明らかにするよう強制されなければいけないのでしょうか?アメリカにおいてそれは必ずしも「イエス」ではなく、カリフォルニア州北部地区は、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)召喚状(subpoenas)、憲法修正第1条の懸念、およびフェアユースに触れた意見で、この特定の例では、匿名の投稿者の情報を明らかにしようとするTwitterの召喚状を破棄する申し立てを認めました。

Read More »