中国企業がより海外出願に力を入れている

中国企業の海外出願が顕著に伸びています。2017年、中国企業は11,241件のアメリカ特許を取得。前年比で28%のアップで、国別ランキングではじめて5位に着けました。過去10年で、中国企業によるアメリカ特許の取得数は10倍に延びました、2017年、アメリカで許可された320,000件の特許の内、3.5%が中国企業によるものです。比較として、アメリカの企業の割合は、46%で、約148,139件の特許の所有権を保持しています。

参考記事:http://english.sipo.gov.cn/news/iprspecial/1120042.htm

コメント:

元記事には中国企業によるヨーロッパへの出願も取り上げています。アメリカほどではないものの、中国企業はヨーロッパでも出願数を伸ばしています。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:AFD China Intellectual Property Law Office

https://www.lexology.com/library/detail.aspx?g=d825b05f-285b-467d-a96d-531f8bec4dc1

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

hand-shake-business
商標
野口 剛史

Intent-to-use Trademark出願で気をつけること

アメリカでTrademark(商標)を取得する場合、原則その商標を実際に製品やサービスに使用している必要があります。しかし、まだ製品やサービスが準備段階の場合、いち早くその商標を取得するために、実際に使用する前に、Intent-to-use Trademark出願ができます。しかし、商標を使う善意の意思を示す何らかの書類を準備しておく必要があります。

Read More »
その他
野口 剛史

SNSを考慮した著作権の侵害分析

SNSがより幅広く一般的に使われるようになり、著作権の侵害分析方法も変わりつつあります。著作権の侵害を取り締まるのは権利者の責任ですが、侵害を判断する上でFair useを考慮することがより重要になってきています。

Read More »