chatGPT

ChatGPTと法曹界の反応

OpenAIは最近、ChatGPT-4という言語モデルのアップグレード版を発表しました。このモデルは、模擬司法試験やLSATなど、法律実務の標準テストで非常に優れた成績を収めています。ChatGPTの背後にある技術は、データを分析し、矛盾のない正確なテキストを生成する生成型の事前学習トランスフォーマー(GPT)モデルです。法的資料を含む膨大な量のテキストで訓練されており、法律の専門家に初期の洞察と作業可能なテンプレートを提供することができます。ただし、ChatGPTには限界があり、誤りや誤った情報を生成する場合があることに注意する必要があります。法律の専門家は、このような技術を導入することの利点とリスクを慎重に考慮し、規制の進展とモデルの応答以上のさらなる分析の必要性に留意するべきです。

ーーー

ジャーナリスト、作家、教授、そして弁護士といったプロフェッショナルと見分けがつかないような会話やコンテンツを生成するChatGPTの人間らしい能力に世界が魅了され続けている中、2022年11月の発売から半年も経たないうちに、OpenAIは最近、前バージョンよりも創造性と協調性が向上したとうたうChatGPT-4を発売しました。当然ながら、ChatGPT-4は模擬司法試験を含む標準的な試験で成績を向上させ、ChatGPT-4は受験者の上位10%に入るスコアを達成しましたが、前バージョンでは下位10%にとどまっています。また、LSATでも、数ヶ月前は40%台だったスコアが、ChatGPT-4では163~170点となり、88%台となりました。

ChatGPTはアクセスしやすく、使いやすい

ChatGPTは、ChatGPTのウェブサイトにリクエストを入力するだけで、比較的簡単に利用することができます。その使いやすさとオープンなアクセスから、弁護士業界では、この技術が弁護士にとって何を意味し、どのように考えるべきかを考えさせられています。どんな利点があり、どんなリスクや落とし穴があるのか?これらの疑問に答えるには、まず、この技術がどのように機能するのか、そして、さまざまなトピックについて、人間が書いた文章と見分けがつかないような首尾一貫した流暢な文章を生成する際に「中で」何が起こっているのかを、基本的に把握することが重要です。

ジェネレーティブAIの仕組み

GPTとは、Generative Pre-trained Transformerの略で、大規模なコーパスデータで学習させた言語モデルです。教師データを用いた学習と機械学習により、このモデルはテキストと単語を分析し、各単語にはスコアが設定されています。そして、スコアの高い単語を選択し、次の単語に進みます。すべての選択は、複雑なアルゴリズムと膨大な量のデータによって決定されるため、(ほとんどの場合)一貫性があり正確なテキストを作成することができます。また、パターンを認識して予測を行う従来のAIシステム(例:NetflixやAmazonのおすすめ商品)とは異なり、ジェネレーティブAIは画像、テキスト、音声などの形で新しいコンテンツを作り出します。推定では、ChatGPTモデルは約45テラバイトのテキストデータで学習されたことになります。さらに、書籍、ウェブテキスト、Wikipedia、記事などインターネット上の文章から得られたデータを含め、3,000億語以上がシステムに投入されています。また、ChatGPTは、人間の会話の例で訓練されており、より人間らしい会話をすることができます。そのため、膨大な語彙や情報を活用できるだけでなく、文脈を理解することで、百科事典のような知識を発信しながら、会話しているような文面を表示することができます。

ChatGPTが弁護士の仕事を奪う?

ChatGPTを試した1億人以上のユーザーにとって、その能力に魅了され、多くの人がAIによる置き換えが不可能だと信じていたホワイトカラーの職業、特に弁護士にとってどのような意味があるのかを考えるのは簡単なことでしょう。例えば、「証券詐欺の時効は何年ですか?」のような簡単な質問を入力したとき、ChatGPTは以下のように回答します:

証券詐欺の請求の時効は、通常、その請求に適用される特定の法律や規制によって異なります。

連邦法では、証券詐欺の請求は一般に、請求の原因となる事実の発見後2年以内、または違反の発生後5年以内のいずれか早いほうに提起しなければなりません。これは1934年証券取引所法第1658条(b)に規定されています。

ただし、このルールには一定の例外があります。例えば、原告が、被告が請求の原因となる事実の不正な隠蔽に関与したことを示すことができる場合、時効が延長されることがあります。さらに、州によっては、証券詐欺の請求について連邦法とは異なる独自の時効を定めている場合があります。

証券詐欺の請求の時効は複雑で、事件の具体的な事実関係によって異なる可能性があることに留意することが重要です。

証券訴訟を扱う実務弁護士は、この回答が決して問い合わせの終わりではないことを本能的に知っています。しかし、より詳細な分析を開始するための出発点としては十分な情報ではあるので、日々の法律業務にこのような生成AIを取り入れる可能性は十分あります。また、保険の権利予約書のような成果物の作成も可能で、比較的シンプルな契約書や書類であれば、少し編集すれば実務で使えるレベルの実用的なテンプレートをアウトプットしてくれることもあります。

ただし、ChatGPTは証券詐欺について「知っている」ように見えますが、本物の弁護士とは異なり、証券取引法が国の証券(株式、債券、社債)の流通取引を管理するために制定された重要な法律であることも、時効が何であるかも知らないということに注意しなければなりません。しかし、その強力なアルゴリズムは、これらのテーマについて知識があるかのように見える言葉をつなぎ合わせることができます。このことを理解すると、生成AIはすごい便利なツールであると同時に、「怖さ」やそのリスクを感じることができると思います。

生成AIを活用した特化サービスはすでに存在している

実際、この技術は非常に有望で、一部のプロフェッショナル・サービス・プロバイダーは、法律やビジネス業務に特化して作られたジェネレーティブAIツールを展開しています。例えば、OpenAI Startup Fundの支援を受け、OpenAIとChat GPTの技術で構築されたHarveyは、世界最大級のプロフェッショナルサービスプロバイダーによって採用されています。PwCによると、自然言語処理、機械学習、データ分析を用いて、大量のデータに基づいて洞察と推奨を生成するこのHarveyとよばれるプラットフォームを活用することで、PwCのプロフェッショナルがより早くソリューションを提供できるようになったと発表されていました。

関連記事:ジェネレーティブAIは弁護士業界を変える?

ChatGPTの現在の能力は明らかに有望ですが、この技術はまだ発展途上にあります。実際、ChatGPTで得られた特定の結果は、しばしば間違いを含んでおり、場合によっては全くのウソであることもあります。ある例では、存在しないカリフォルニア州の倫理規定を参照していました。このような状況において、生成AIが単に物事をでっち上げ、完全な自信をもったような文体に見えることから、技術業界ではこれを「幻覚」(hallucination)と呼んでいます。このようなリスクを念頭に、専門家賠償責任保険会社は、法律事務所に対して、この技術の専門家責任とリスク管理の意味について警告を発しています。

ChatGPTの将来性とそれに伴うリスクを考慮すると、法律事務所や企業の顧問弁護士は、この技術の次の展開を自問することになるでしょう。今現在、契約書やポリシー、その他の法的文書など、規範的なものになりがちなものについては、ジェネレーティブAIの情報収集と合成の能力によって、多くの仕事をこなすことができます。そのため、法律業界は、ChatGPTのように、法律事務所とそのクライアントにとって潜在的なコスト削減という直接的な利益をもたらす可能性があります。そのため、多くの事務所が生成AIを実務に活用することを検討しています。

関連記事:少なくとも大手法律事務所の21%が生成AIやChatGPTの利用について警告を発していることが調査から判明

当局による規制の動きも始まっている

ChatGPTのようなAI技術は飛躍的なスピードで発展していますが、現在、米国全土を拘束する法的な法規制は存在しません。そのため、AI革命において規制がどのような役割を果たすかを理解しようとするビジネスリーダーや議員の間では、アルゴリズムによる偏見の可能性、大規模な誤報の発信、著作権侵害といった問題が最重要視されています。

2022年10月、米国ホワイトハウスの科学技術政策室(OSTP)は、政府、テクノロジー企業、市民が協力してより説明責任のあるAIを確保するための枠組みを提供するため、「AI権利章のための青写真」(“Blueprint for an AI Bill of Rights”)を発表しました。ホワイトハウスによると、この文書は、「すべての人々をこれらの脅威から守り、我々の最高の価値を強化する方法で技術を使用する社会のための指針である」と述べています。OSTPは、人工知能時代に米国民を守るための自動化システムの設計、使用、展開の指針となるべき5つの原則、(1)安全で効果的なシステム、(2)アルゴリズムによる差別の保護、(3)データのプライバシー、(4)通知と説明、(5)人間の代替手段、検討、フォールバック、を挙げています。

関連記事:カリフォルニア州議会がAIのビジネス利用を規制する法案を提出

米国の取り組みと同時期に、約60カ国がAIイニシアティブに注力し、AI技術の責任ある利用を促進する政策の設計と実施に努めています。これは、適切なガバナンスがなければ、AIが個人と社会に大きな害を及ぼすことを多くの人々が懸念しているためです。具体的な例としては、2024年を期限とする欧州連合の人工知能法 (EU AI Act)があり、すべての分野(軍事分野を除く)でAIに関する共通の規制・法的枠組みを導入することを目的としています。このような法律の整備を監視している専門家は、世界の多くのウェブサイトが、個人データの処理やクッキーの使用についてユーザーに同意を求めるというEUのデータプライバシー要件を採用しているのと同様に、AIに対するEUのアプローチが世界中で広く採用されるかどうかを議論しています。

未来はもうすでにきている

世界中の政府がAI技術に対応した規制体制を構築しようとしている中、クライアントの問題を解決しなければならない弁護士は、関連するリスクを軽減しながら、このAI技術を自分の仕事の流れに導入する方法に取り組まなければならないでしょう。Googleの登場以来、膨大なデータにアクセスできる敷居が下がり、それによって法律業務の実務も大きく変わりました。今回のChatGPTを筆頭とするツールにも、同じようなアプローチが求められると思われます。しかし、完全にマスターするには訓練が必要で、また、今後も生成AIの分野は目まぐるしい発展をすることが予想されるので、常に情報をアップデートすることが求められます。

参考記事:ChatGPT And The Legal Profession

こちらもおすすめ