CAFCが先住民への特許譲渡問題の上訴を止める

2018年3月28日、CAFCは先住民St. Regis Mohawk Tribeへの特許譲渡問題でPTABからCAFCに上訴されている案件の延期を命令しました。この上訴は、PTABよるIPR手続きに対して先住民の免責特権は適用されないという判決に関する再審議を求めるものです。この問題は、Allergan社がIPRによる特許無効審判を回避するために先住民St. Regis Mohawk Tribeへ特許を譲渡したことが発端になっています。

また、PTABは4月3日に予定されていた公判をキャンセル。延長は公判の後自動的に解除されることになっていましたが、公判が6月に延期になりました。

今回、延期されているIPR手続きはすでに12ヶ月の公判までの期限を過ぎていて、joinderが行われているので、規定の12ヶ月に加えさらに6ヶ月の猶予が与えられる可能性があります。

6ヶ月の猶予が与えられた場合、合計の18ヶ月の期日は6月8日になります。延期はこの期限に達するまで解除されることはありません。延期が6月8日以降まで続いた場合、PTABはCAFCによる延期によって期限までにIPR手続きが停止してしまったと宣言する可能性があります。もし公判が期日の数日前に開かれても、PTABが期限の6月8日までに判決を発行するのは時間的に難しい状況です。

コメント:

PTABによる判決は、手続きが開始されてから1年以内に発行することが義務付けられています。35 U.S. Code § 316 (11)。例外として最大で6ヶ月の延長ができますが、それ以上は原則できません。このケースの場合、PTABでの判決が18ヶ月以内に行われない場合、どのような手続きが行われるのかが不透明になっています。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Scott A. McKeown. Ropes & Gray LLP

CAFC Shuts Down PTAB Pending St. Regis Mohawk Tribe Appeal

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

その他
野口 剛史

SNSを考慮した著作権の侵害分析

SNSがより幅広く一般的に使われるようになり、著作権の侵害分析方法も変わりつつあります。著作権の侵害を取り締まるのは権利者の責任ですが、侵害を判断する上でFair useを考慮することがより重要になってきています。

Read More »
rejected-trash
再審査
野口 剛史

組み合わせ動機分析の重要性

特許を無効にするために先行例文献の組み合わせを主張することは多いですが、その組み合わせ動機に関する分析はとても重要な争点になります。今回は、PTABがその分析を十分に行わず2度もCAFCがPTABの判決を覆した案件を紹介します。

Read More »
money
その他
野口 剛史

知財資産の収益化で価値を見いだす

日本企業の場合、知財の“monetization”(収益化)という言葉にあまりいいイメージを持っていないところも多いですが、収益化ということをより広く考えた上で、持っている自在の有効活用方法を考えてみます。

Read More »