実例から見る特許訴訟で弁護士費用を肩代わりさせるためのポイント

Sophos v. RPostの特許侵害訴訟において、Casper判事がRPostに対してSophosの一部弁護士費用を負担するように命じた。Casper判事は、RPostの訴訟における主張と行動を総合的に見て、RPostの立ち振舞は「例外的な事件」 (exceptional cases)に至るとした。

Attorney fee shifting awards (または単にAttorney feesとも呼ばれることがある) – 米国特許法に明記されている弁護士費用賠償制度 (35 U.S.C. §285.)。米国最高裁は、2014年、Highmark Inc. v. Allcare Health Management Systems, Inc., 134 S. Ct. 1744 (2014) と Octane Fitness, LLC v. ICON Health & Fitness, Inc., 134 S. Ct. 1749 (2014) において、「例外的な事件」 (exceptional cases) に対して、裁判所が敗訴した側に勝訴した側の弁護士費用を負担することを命じることができると判決。

この訴訟は、2013年、SophosがRPostの特許に対し無効と非侵害を求める宣言的判決 (declaratory judgment)を申し立てることで始まった。2017年の末、Casper判事は、略式判決(summary judgment)において、RPostの特許を無効と判断。

略式判決で勝利を収めた後、SophosはRPostに略式判決に至るまでの5ヶ月間の弁護士費用の負担を求める手続きを行う。弁護士費用賠償が認められるには、案件が「例外的な事件」 (exceptional cases) であることを証明する必要がある。

そこで、Sophosは、案件が「例外的な事件」 (exceptional cases) であることを以下のようなRPostの主張とDiscoveryにおける不正行動などを元に主張:

RPostの主張に関しては、1) RPostのエキスパートは侵害に対する見解をたびたび変えていたこと、2)Sophosの非侵害に関する主張に対する建設的な主張がなされていなかったことと、3)損害に対する事実的な証拠を提供していなかったことを示した。

RPostのDiscoveryにおける不正行動に関しては、1)discovery requestsに対応していなかったこと、2)Rule 30(b)(6) witnessesに対して適切な準備がなされいなかったこと、3)エキスパートを迅速に雇わなかったことを示した。

Rule 30(b)(6) witnesses – Federal Rules of Civil Procedure Rule 30(b)(6)に示されている証人。Discoveryの際に、Rule 30(b)(6)証人に対する証人尋問(Deposition)が行われる。

このような主張を元に、総合的に判断した結果、裁判所はRPostの立ち振舞が「例外的な事件」に当たるとして、RPostにSophosの弁護士費用を負担することを命じた。この判決の中で、判事は、Discoveryの主要な点においてRPostに落ち度があったことを認め、略式判決においてRPostが主張するいくつもの点に対して証拠を提出しなかったとした。これらの点1つ1つは、案件を「例外的な事件」にするものではないが、総合的にそれらのRPostの行動を見た場合、「例外的な事件」に値するとした。しかし、実際の弁護士費用の金額に関してはSophosの主張が認められず、両当事者が追加のブリーフィングを提出するように命じた。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Gourdin Sirles. Proskauer Rose LLP

https://www.newenglandipblog.com/2018/02/electronic-return-receipt-patent-dispute-dubbed-exceptional-case-after-summary-judgment-award/#page=1

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

日本とアメリカにおける特許適格性の違い

特許適格性の違いからアメリカにくらべ日本ではソフトウェア系やビジネス方法計の特許の取得が簡単だということを丁寧に解説している記事を見つけました。こういった国別の制度の比較記事はなかなか見ないので紹介したいと思います。

Read More »
important-page
訴訟
野口 剛史

故意侵害のハードルが高くなった?

故意侵害が成立すると3倍賠償や相手の弁護士費用を負担を迫られるリスクがあります。このようにリスクが高い故意侵害ですが、この「故意侵害」の定義はここ数年間変わり続けていてどのような行為が故意侵害になるのかが不透明になっています。

Read More »
arrows-go-up
特許出願
野口 剛史

人気に伴い Track One の年間上限増加へ

Track One Prioritized Examinationを活用した特許出願が伸びています。その人気に応じて9月3日、特許庁は年間枠1万件から1.2万件に増やしました。Track Oneはもう1つの早期審査方法よりも必要条件が低く、比較的安価なので人気を集めているようです。

Read More »