ARメガネで特許の読み込みをサポート

消費者向けのGoogle glassはぽしゃりましたが、企業向けのAR(MR)メガネは企業のトレーニングなどですでに使われています。今回は、そのようなツールを特許の読み込みをサポートするツールとして活用するアイデアです。あと、おまけで熟練の技を盗むためのツールとして使えないかも考察してみました。

ARメガネとは?

現実の環境にコンピュータで作られた情報を上乗せする技術はAR (Augmented reality)やMR(Mixed Reality)と呼ばれていて、メガネというか頭に付けるディバイスでそれを可能にしています。代表的なディバイスを上げると、MicrosoftのHoloLensMagic LeapのOneなどがあります。これらはすでに工業関係のトレーニングや教育の分野で使用されています。

AppleのiPhoneやiPadでもAR周りが強化されていたり、任天堂もマリオカートをAR化しています。このような流れを見ると今後はより多くのARの技術を使ったアプリケーションが出てくると思われます。

特許の読み込みで使うとは?

上記のような企業のコンテンツに比べるとローテクですが、印刷された特許を読み込む時に、ARメガネがかなり役に立つと思います。

皆さんも特許明細書を書く前の先行例調査や、FTO(Freedom to operate)調査などで大量の特許文献を読むことがあると思います。その中から重要な案件を探すのにパソコンベースのツールを使うこともあるでしょう。それはそれでいいのですが、重要と特定した数件から十数件の案件は実際に詳しく隅から隅まで読む時に、文献を印刷して読み込むことがあると思います。

私も重要なものは紙で読んだ方がいいと思いますが、そうすると、図をみたり、クレームを見たり、明細書の内容を見たりを言ったり来たりして、場合によっては、別のリファレンスを参照したりと、デスク周りが大変なことになってしまい、まとめをデジタル化するのも大変だったりします。

そこで、このようなアナログ文献の読み込みをアシストできるようなARメガネを開発してみてはどうでしょうか?

具体的には、紙ベースの文献とその文献のデータ(特許データ)を紐付けしておいて、ARメガネで印刷されたページ(やその一部)を見ただけ補足情報(例えば、図で示された番号の横にに明細書内の名称やその定義が表示される)が確認できたり、指やインプットディバイスで指定した用語(例えば、クレームで使われている文言)に関する明細書内の情報や出願履歴の情報を参照できるようにするだけでもかなり便利です。

そして、専用のインプットディバイス(例えば蛍光ペンのように特定の色が付けられるものや、ARメガネとリンクしたApple Pencilのような電子ペン)で紙ベースの文献の特定箇所に注釈や下線を引くとそこが自動的に電子化され、今後の分析に使いやすいようなStructured dataとして保存されるみたいな機能があれば、ムダなデータインプットの時間を省略できます。

一見大がかりなプロジェクトに見えますが、ARメガネは印刷された文字や印刷物の認識ができればいいので、3Dモデリングもいらないし、ゲームの様に物理計算する必要もなく、特許データと視覚データをリンクするだけなので、そんなに難しいことではないと思います。

特許情報を扱うものでなくとも、例えば教科書と連動するARメガネを使ったコンテンツはあるはずなので、そのAPIやOpen Source Codeを使えば開発時間もあまりかけずに開発できるのでは?

熟練の技を盗む

あと、ARメガネを使ったアイデアをもう1つ。特許関連の業務に限定されたことではないのですが、仕事をやるときに素人の視点とプロの視点には大きな違いがあります。ここで言う視点というのは考え方ではなく、実際に目で見ている情報という意味です。

視点情報と言うのは、実践しているプロでもなかなか言語化できないし、言語化しても他人に的確に伝えることは難しいと思います。そこでARメガネをベテランに付けて通常の業務をしてもらって、その人の視点情報をARメガネで取得して、分析してみます。そうすると、仕事の質の高さや素早さの一因が見える化できるのではと思っています。

うまくノウハウを抽出できたら、分析したデータを元に、ARメガネを使ったトレーニングコンテンツも開発できるし、従業員にARメガネを掛けて業務をしてもらえれば、ベテランをベンチマークにした、従業員の実力の可視化(スコアー化)も可能になるのではないでしょうか?

TLCの紹介

ちなみに、このアイデアのベースになっている話題は、OLCを更に進化させた全く新しいコミュニティ型のプラットフォームTakumi Legal Communityで最初に取り上げました。

TLCはアメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる今までにない新しい会員制コミュニティです。

現在第二期メンバー募集中です。詳細は以下の特設サイトに書かれているので、よかったら一度見てみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。