[係争中]AIA IPR手続きの正当性が今問われている

Leahy-Smith America Invents Act (略してAIA、日本語では米国特許法改正とも呼ばれる)で導入された inter partes review (略してIPR、当事者系レビュー) の合法性が今問われている。

 

Inter partes review (略してIPR) − アメリカ特許庁(USPTO)の審判部(Patent Trial and Appeal Board: PTAB)における第三者が申し立てできる特許無効手続の1つ

 

Oil States Energy Services, LLC v. Greene’s Energy Group, LLC, No. 16-712 (U.S. June 12, 2017)において、IPR手続きが特許権者のアメリカ憲法で保証されている2つの権利(1.憲法3条に基づく連邦裁判所で財産権に対して裁かれる権利と、2.陪審裁判を受ける権利)を侵害しているかが問われている。

 

この問題は米国最高裁で争われている。

 

最高裁は過去に3回同じようにAIAで導入された特許庁による裁判の合法性を問う請願を認めなかったので、今回、最高裁が請願を認めたのは驚き。

 

IPR手続きはアメリカの特許訴訟に大きな影響を及ぼすものなので、最高裁がOil States事件に対してどのような判決を下すのかが注目されている。

 

まとめ作成者:野口剛史

 

元記事著者:Frank Angileri. Brooks Kushman P.C.

https://www.brookskushman.com/news/client-alerts/aia-inter-partes-review/

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

chess-game-plan-strategy
再審査
野口 剛史

IPRを成功に導くための What, Why, and How

IPRは特許クレームを無効にするために広く使われている手続きです。また、IPRで特許クレームを無効にする理由のほとんどが自明性(Obviousness)に関するものです。自明性は主観的なコンセプトで、先行例文献を合わせることで、発明が自明か?という問題は、長い間議論されている問題です。実に、特許の長い歴史の中で、“teaching,” “suggestion,” or “motivation” (TSM) testや最高裁のKSR判決における“Obvious to try” など様々な考察点があります。

Read More »
laptop-typing
未分類
野口 剛史

忘れられないためのEmailニュースレター

前回のブログアイデアでも簡単に紹介したEmailニュースレターの知財プロフェッショナルとしての活用方法に注目します。ニュースレターもブログと同様、文字ベースの専門的な情報を発信するのに適しているので、弁理士のような専門性が必要な業種と相性がいいメディア媒体です。しかし、なぜか知財系のブログではEmailニュースレターを発行しているところをあまり見かけません。

Read More »
folders-manual
再審査
野口 剛史

PTABによるクレーム補正のガイドライン

Western Digital Corp v. SPEX Techにおいて、 PTAB は IPR 手続きにおけるクレーム補正のガイドラインを示しました。IPR2018-00082, Paper 13 (PTAB Apr. 25, 2018). このWestern Digital事件は、CAFC en banc による判例Aqua Products, Inc. v. Matal, 872 F.3d 1290 (Fed. Cir. 2017)に関連していて、 IPR 手続きにおけるクレーム補正に関して重要なケースになります。

Read More »