AIを使った知財教育

AIは様々なところで使われ始めていますが、知財教育にも応用できないかと思っています。例えば、知財部員の研修などに取り入れたらより実践に近い研修ができるのではないでしょうか?

具体的には、ある発明に対する発明提案書のデータと、最終的に仕上がった特許明細書のデータがあれば、出願までに発明者から聞き出すべき追加情報がわかるはず。そのような追加情報をインプットした疑似発明者をAIで作って、出願担当の知財部員(や明細書を書く弁理士)の研修に使えば、担当者がどのような質問を発明者にして、明細書に必要な追加情報を得るべきかという実務に似た経験ができるはず。

このような教育は実務をやりながら覚えていくのが通常だと思いますが、社内の発明提案数や内容によっては新人にはハードルが高かったり、チャンスがなかなかない場合もあるでしょう。その点AIだったら、いつでもどこでもできるし、技術の難易度などや必要情報の量なども自由に変えられます。

このような疑似体験を通した学びは、通常の座学よりも効率的に実務に使えるスキルを身につけられる可能性を秘めています。そういった点で、今後はAIを使った教育が即戦力を育てるための便利なツールになりそうな予感。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

folders-manual
特許出願
野口 剛史

Berkheimer判決における特許適格性ガイドライン

Berkheimer判決後の特許庁による特許適格性ガイドラインを受け、出願人はいままでよりも比較的簡単によく理解されている、ルーチン化されている、通常の活動(well-understood, routine and conventional activity)に対する反論ができるようになりました。この変更により、今後の35 USC Section 101による拒絶の減少とともに、理由が明確な35 USC Section 101による拒絶が増えてくると思われます。

Read More »
stop-estoppel
再審査
野口 剛史

PRGはなぜ活用されないのか?

AIAでは inter partes reviews (IPRs) とpost-grant reviews (PGRs)という2つの再審査手続きが作られました。しかし、AIA施行から8年が立つ今日、IPRは積極的に利用されていますが、PRGは全くと言っていいほど利用されていません。今回はなぜPGRが活用されていないのかを見ていきます。

Read More »
訴訟
野口 剛史

時間軸で気をつけたい秘匿特権の落とし穴

特許訴訟における権利行使やその弁護のために信頼できる弁護士事務所を選ぶのは大切ですが、正式に雇う前にやり取りされた情報は、たとえその事務所を代理人として選んだ場合でも、秘匿特権の保護を受けない可能性があります。なので、戦略など訴訟に関わる重要な情報のやり取りは正式に代理人を任命してから行いましょう。

Read More »