AA Style Guide

H1 Heading

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Lectus urna duis convallis convallis tellus id interdum velit. Sit amet tellus cras adipiscing enim eu turpis. Viverra vitae congue eu consequat ac felis donec. In pellentesque massa placerat duis ultricies lacus. Ullamcorper sit amet risus nullam eget felis. Ut ornare lectus sit amet est placerat. Mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet lectus proin nibh.

Etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Tellus id interdum velit laoreet id donec ultrices tincidunt arcu. Aliquam faucibus purus in massa tempor nec feugiat nisl. Nam aliquam sem et tortor.

H2 Heading

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Cras tincidunt lobortis feugiat vivamus at augue. Morbi tincidunt augue interdum velit euismod in pellentesque. Adipiscing tristique risus nec feugiat in.

  • Cras tincidunt lobortis.
  • Adipiscing tristique risus.
  • Mattis pellentesque id nibh.

Etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Tellus id interdum velit laoreet id donec ultrices tincidunt arcu. Aliquam faucibus purus in massa tempor nec feugiat nisl. Nam aliquam sem et tortor.

  1. Cras tincidunt lobortis.
  2. Adipiscing tristique risus.
  3. Mattis pellentesque id nibh.
  4. Lorem ipsum dolor sit amet.

H2 Heading

H3 Heading

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Lectus urna duis convallis convallis tellus id interdum velit. Sit amet tellus cras adipiscing enim eu turpis. Viverra vitae congue eu consequat ac felis donec. In pellentesque massa placerat duis ultricies lacus. Ullamcorper sit amet risus nullam eget felis. Ut ornare lectus sit amet est placerat. Mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet lectus proin nibh.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Tellus id interdum velit laoreet id donec ultrices tincidunt arcu. Aliquam faucibus purus in massa tempor nec feugiat nisl. Nam aliquam sem et tortor.

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟
野口 剛史

ロイヤルティが類似ライセンスに基づく場合の利益の配分は不要

特許訴訟において特許の有効性と侵害が認められた場合、損害賠償額が大きな論点になります。今回は、訴訟になった案件に酷似した類似ライセンスが存在していたことにより、類似ライセンスのロイヤリティが賠償金額の計算に全面的に採用され、利益の配分の考えによる賠償金額の減額が行えなくなったという判例を紹介します。

Read More »
rejected-trash
訴訟
野口 剛史

地裁のindefiniteness判決がIPRの却下につながる

PTABは、Samsung Electronics Co.Ltd., v. Acorn Semi, LLC, IPR2020-01182 (2021年2月10日)において、連邦地裁が異議申立請求されていたクレームを不明確(indefinite)と判断したことに基づいて、当事者間レビュー(IPR)を拒否するという裁量権を行使しました。

Read More »
訴訟
野口 剛史

均等論:請求項補正の理由はクレーム範囲を決める均等と関連する

均等論は特許クレーム範囲を広くする可能性がある重要な概念です。しかし、審査経過禁反言や無力化など均等論を制限する要素もあるので、均等論の適用については注意しなければいけない点も多いです。特に審査経過禁反言の例外にはクレーム補正の理由が関わることもあるので、均等論を考える場合、審査履歴の分析は必要不可欠です。

Read More »