複雑な要因を総合的に判断する商標における混同の恐れの分析

商標混同の分析に関する法的判例と重要ポイントに基づく画像

アメリカにおける商標における混同の恐れの分析は13もの要因を考慮するデュポン・ファクターと事実を照らし合わせることによって総合的に判断されます。これらの分析は複雑になることもあります。今回はCAFCが、取消訴訟における商標審判部(TTAB)の混同の恐れの分析の誤りについて指摘した判例を参考に、混同の恐れを判断する上で重要なポイントを整理してみます。

SEP交渉における訴訟禁止命令を求める戦略とその適用条件の難しさ

Alternative text: Judge Terrance Boyle in Eastern District of North Carolina's ruling on injunction request in SEP negotiations strategy

標準必須特許(SEP)の実施者は、訴訟禁止命令(ASI)を求めるという戦略を含め、SEP所有者との特許ライセンシング交渉をおこなっています。しかしASIはアメリカでは認められにくく、今回ノースカロライナ州東部地区(EDNC)のTerrance Boyle 判事によって全面的に却下され、再び脚光を浴びています。

商標審査の異議申し立てはやらない方がいい?統計から見るTTABにおける勝率とそのトレンド

Statistical analysis of TTAB decisions on likelihood of confusion refusals and merely descriptive refusals: Trends in win rates and strategies

TTABloggerが2023年にTTAB(Trademark Trial and Appeal Board 、商標審判部)が下した第2条(d)及び第2条(e)(1)の拒絶審決を分析したデータによると、TTABでは、第2条(d)に基づく混同の恐れの拒絶に対する異議申立には寛容になってきているようですが、第2条(e)(1)に基づく単なる記述性の拒絶に対する異議申立にはより厳しくなってきているようです。