特許審査官のようにPTOの特許データベースを検索するテクニック

Digital illustration showcasing the USPTO patent search interface with complex queries, surrounded by patent documents and innovation symbols like light bulbs and gears, representing the technique of searching through the patent database efficiently

特許の分野では、適切な特許公報を迅速かつ効率的に見つけることができないことがしばしば問題となります。米国特許商標庁(USPTO)は、より優れた検索ツールを一般に提供するため、2021年後半にウェブベースの特許公開検索ツール(「PPS」)をリリースしました。この強力で便利なツールは、PTOの審査官が先行技術を見つけるために使用する検索ツールに匹敵するものです。とはいえ、PPSには効果的な検索クエリを開発するための学習曲線があります。以下では、特許侵害訴訟または特許実務の目的にかかわらず、関連する結果を返す検索クエリを開発するための出発点を提供します。

職務発明でトラブルにならないための雇用契約と知的財産条項

Abstract representation of avoiding disputes over workplace inventions with legal documents, a balance scale, and American legal symbols in a professional color scheme of blues, golds, and whites

従業員が画期的な発明をしたからと言って、その発明が雇用主に帰属するかというと、そう簡単に結論が出せないのが、アメリカにおける発明の取り扱いの難しいところです。職務での発明の内容や、雇用形態、「雇用中」の発明なのか、社内のリソースを使ったものなのか、雇用時の知財に関わる条項などによって、結論が大きく変わってきます。そこで、今回はアメリカにおける職場での発明の権利者に関わる問題を深堀りし、トラブルを回避できる雇用契約と知的財産条項を考察していきます。

製造業における生成AIツールの正しい使い方

Futuristic manufacturing factory integrating artificial intelligence and robotics, with workers and machines collaborating to improve efficiency and quality, emphasizing the importance of intellectual property management and accountability in AI integration

本記事では、ChatGPTのような生成AIツールが、製造業を営む企業の作業効率と品質の向上を可能にする可能性と、AI統合を成功させるためのリスクについて考察します。新しいAIツールを導入する際、知的財産権の管理、機密保持、説明責任は、製造業が考慮すべき重要な課題です。

大企業が中小企業に過度な商標の権利侵害を主張する「商標いじめ」の問題とその効果的な対策

An abstract representation of trademark bullying, depicting a small business standing resilient against the looming shadow of a large corporation, symbolized by scales of justice and trademark symbols in the background, illustrating the David vs. Goliath battle in intellectual property rights.

商標いじめ (Trademark bullying) は、見過ごされがちでありながら企業社会に蔓延している慣行であり、中小企業や起業家にとって重大な脅威となっています。この慣行は、しばしば大企業によって採用され、小規模の競合他社や全く関係のない企業を威嚇するために商標権を積極的に主張することを示します。このような強引な権利行使の兆候を認識することは、潜在的な法的脅威から保護し、公正な競争を守るために極めて重要です。