2019年PTAB分析データ

PTABにおけるAIAトライアルのデータ分析をしました。この分析データを参考にすることで、PTABにおける手続きの利便性や防衛手段などが見えてくると思います。

元データ

この分析は、2018年までの最終判決(final written decisions)全件と2017年までのinstitution拒否判決(decisions denying institution)全件を対照に分析しました。一般的に、最終判決はinstitution判断の1年後におこなわれるので、統計データに偏りを作らないために、2018年のinstitution拒否判決に関するデータは含まれていません。

分析結果(詳しくは元記事のグラフを参照)

  • サバイバルレート: 生き残ったクレームと無効になったクレームは約半々です。
  • 時間軸で見たサバイバルレート: 2014年は70%近くのクレームが無効になっていたが、今は50%弱。
  • Institutionされたクレームのサバイバルレート:生き残ったクレームは2017年まではわずか21.7%、2018年は少し上がり23.7%に。最高裁のSAS判決によりInstitutionのルールが変更。それまでは、Partial institutionもあったので、Institution自体がIPRの結果に大きく影響を与えていた。SAS判決は、統計的に見ても長期的な影響をおよぼすと考えられている。
  • IPRにおけるクレーム補正の割合:2018年のデータを見ると、いままでよりもIPR手続き中にクレーム補正ができる可能性が拡大。これには、Aqua productsなどの判例が影響していると思われる。
  • 差し戻し案件の判決までの時間と結果:27の判決を見たところ平均は789日ほど。結果のほとんどはクレームに変更なし。
  • IPRと訴訟の関係:実にIPRの対照になっている特許の85.7%が訴訟で権利行使されている特許。

その他にもおもしろい統計データと分析コメントが記載されているので、ぜひ元記事を参照してみてください。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Justin J. Oliver. Venable LLP(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

共同発明者が追加されるリスク

特許の共同保有はなるべき避けるべきです。今回のように過去の共同研究が問題になるケースもあるので、発明に至った事実経緯の確認や、更に過去に遡った調査も重要な特許に対しては行うべきです。

Read More »
訴訟
野口 剛史

特許侵害と関連があるだけでは連邦裁判所の管轄外

訴訟の際に判決を下せる管轄(jurisdiction)を調べることはアメリカの現地代理人の仕事ですが、管轄が正しくなければ、弁護士に払うお金と余分な時間がかかってしまうので、訴訟に発展しそうな内容を早期に調べ、適切な管轄を特定することは大切です。

Read More »