アメリカ知財情報サイト

第1四半期の訴訟統計データ

地裁訴訟:

前年比較で訴訟数はほぼ同等でした。931の被告人に対して、去年は928の被告人。その内、NPEsは394の被告人を訴え(全体の42%)、事業会社は537の被告人を訴え(全体の58%)ました。前年と比較するとNPEによる訴訟は縮小し、事業会社によるものが拡大しました。事業会社による特許訴訟に注目すると、バイオテックや製薬業界での訴訟が目立ち、82の被告人が130の訴訟で訴えられていて、前年に比べ(57の被告人が97の訴訟で訴えられた)大きく飛躍しています。

裁判地の傾向:

TC Heartlandによる大きな変更の後、落ち着きをみせ、裁判地の分布は安定してきました。Q1 2018では the District of DelawareがNPEの訴訟ではトップ、その後にthe Eastern District of Texasが着けています。この2つの裁判地で全体の50%を占めます。残りのトップ5は、The Northern District of California, the Northern District of Illinois, the Central District of Californiaとなっています。また、Delaware と the Central District of California は、事業会社による特許訴訟において人気のある裁判地トップ2です。

PTABへの申し立て:

The Patent Trial and Appeal Board (PTAB) は411件のAIA review手続きに関わる申し立てを受け取りました。内訳としては、376件のIPRに対する申し立て、12件のCBMに対する申し立て、23件のpost-grant reviewに対する申し立てです。この数字は2017年のQ3 (392) と Q4 (373) と近く、PTABへの申し立て数が安定してきたことを示します。

その他:

ソフトウェア特許に関わるAliceの影響、PTABにおけるクレーム補正、部族への譲渡とIPR回避の問題、NPEの市場状況、トランプ政権下における特許政策などが語られています。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:RPX Corp

http://www.rpxcorp.com/2018/04/03/q1-data-update/

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

次回ウェビナー

8月31日開催予定

FRUSTRATION FREE EMAIL COMMUNICATION

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

folders-manual
特許出願
野口 剛史

Berkheimer判決における特許適格性ガイドライン

Berkheimer判決後の特許庁による特許適格性ガイドラインを受け、出願人はいままでよりも比較的簡単によく理解されている、ルーチン化されている、通常の活動(well-understood, routine and conventional activity)に対する反論ができるようになりました。この変更により、今後の35 USC Section 101による拒絶の減少とともに、理由が明確な35 USC Section 101による拒絶が増えてくると思われます。

Read More »